スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうゆ餅(地元、愛媛のお菓子)

今日は地元、愛媛のお菓子「しょうゆ餅」を作ってみました。

米粉を使ったやさしい甘さの素朴なお菓子です。

一番右の緑色は抹茶味。他は生姜風味。
27feb2010 syouyumochi

本当は「混ぜてこねて蒸して、またこねて形を作って蒸す」という作り方のようですが、
私は蒸さずに豪快に電子レンジで加熱!
そして昨日は加熱しすぎて失敗ました。。。

今日はこまめに火の通り具合をチェックしたところ、成功してホッ。


<材料>生姜風味のしょうゆ餅
米粉100g
砂糖50~80g
熱湯90cc
醤油 大さじ1
生姜汁 大さじ1/2

<作り方>
米粉に砂糖を混ぜ、熱湯を注ぎながら菜箸でかき混ぜる。
均等に混ざったら6等分くらいに分けて耐熱容器に並べ、蓋をして電子レンジで加熱。
(我が家の電子レンジは900w。2-30秒毎に様子を見て、1分半ほどでした。)
取り出してすり鉢かボウルに移し、すりこ木でよくつきます。
粗熱が取れたら手でよく捏ねて、醤油と生姜汁を加え、さらに捏ねます。
形を作り、再び電子レンジで加熱して出来上がりです!
(我が家の強力電レンジでは、3-40秒でできました。)

火の通り具合をこまめにチェックすること、
すりこ木でよくつくことがコツでしょうか~。
私はこのもちもちした食感が好きです。



昨日のフィギュアスケート、感動しましたね~。
演技はやはり、キムヨナ選手の方が惹きつけられるものがあったと思いますが、
真央ちゃんが演技を終えたとき悔しそうな表情を浮かべていたのに、
その直後、観客に向かって笑顔を見せてくれた健気さに心をうたれました。 
銀メダルおめでとう!!
次回も頑張って欲しいです!
スポンサーサイト

サイゴン河畔の静かなホテル

テト(旧正月)の直前、サイゴンに用事があって行ったついでに、
去年できたリゾートホテルに泊まってみたら意外と良かったのでご紹介!

サイゴンの中心地から車で20~25分くらい行ったところにある
THAO DIEN VILLAGEという真っ白なフレンチヴィラは、
敷地のすぐ隣をサイゴン川が流れ、喧騒から離れたとても静かなロケーション。
客室は多くないけど、レストランはイタリアン、タイ、和食、ベトナム料理と豊富です。
スパや2つの屋外プール、小さな公園などもあって、小さなお子様連れも楽しんでいました。

17feb2010 thao dien


人生初のスウィートルーム(13,000円で泊まれます!)からはサイゴン川が臨めて、
行き交う船、その向こう側の緑深い林、さらにその向こうにかすかに見える街の光を楽しめます。
(サイゴン川はかなり蛇行していて、方向感覚が狂いますよ~。)
17feb2010 thao dien2

部屋では好みのアロマオイルをたいてくれるので、かなりマッタリ。
昼間はプールサイドで読書をしたり、
敷地の中や外を散歩したり、
フロントに置いてあったグランドピアノを勝手に弾いたり、
自由にリラックスして過ごしました。

普段は買い物に便利な中心地に宿を探しますが、
たまにはこうやってのんびりできる宿で落ち着くのもアリですね。

THAO TIEN VILLAGE
住所:195 Nguyen Van Huong St., Thao Dien Ward, Dist.2
電話:(08)37446457
http://www.thaodienvillage.com/

<追記>
一つだけイマイチだったのは、
お風呂のお湯タンクが小さく、
浴槽に貯まる前にお湯が冷たくなってしまったこと。
シャワー(少し離れている)は別のタンクから出ます。

2010年 テト(旧正月)の風景

昨日2月14日は「テト」、旧正月の元日でした。

私もベトナムに住んでもう3年目になるのですが、
これまでのテトは、帰国したり、海外旅行に行ったりしていたので、
今回が初めてベトナムで過ごすテトとなりました。

テトには色んな風物詩があります。


まずはお年玉を入れるポチ袋。
おめでたい色である、赤や黄色のものが主流です。
15feb2010 tet


これはホーチミンのホテル前のデコレーション。
干支の寅がリアルです。
15feb2010 tet2


ブンタウのイベント広場でも、毎年趣向を凝らした飾りつけが楽しめます。
15feb2010 tet3


そしてこちらは「バインテト」というお正月ならではの食べ物。
蒸したもち米の中心には、きな粉と豚肉が入っています。
このバインテトは南部の食べ物ですが、
北部の「バインチュン」も、形が異なるだけで他はほとんど同じです。
15feb2010 tet4

干した大根の甘酢漬け(写真の手前左)や、ラッキョウ(同じく右)と一緒にいただきます。
15feb2010 tet5


テト前には、テトに欠かせない黄色い花「ホアマイ」等を売る市場が出てたり、
新年になった瞬間には各地で花火が打ち上げられたり、
獅子舞、「チュックムンナンモイ」という新年の挨拶、などなど。
少し日本や中国ともモチロン似ているけれど、やっぱりベトナム独特の文化。
今年はのんびり観察して楽しんでいまーす。

筑前煮と一寸法師

今日はメイドさんと一緒に筑前煮を作りました。
前から「日本料理の作り方を教えてください」と何度か言われていたけど、
ちょっと余裕が無いことが多くて。
今は大学も旧正月の休み中なので時間もあるし、やっと実行。

メイドさんにしてみたら、
「旧正月前の忙しい時期に。。。」って感じかも知れません。

9feb2010 chikuzenni

お昼御飯に美味しく頂きました~。
具材は鶏肉、レンコン、人参、干し椎茸、絹さや。
調味料以外は全てこちらで手に入ります。


下の写真は夕暮れのフロントビーチ。
時々、主人と散歩をすると目にする風景です。
9feb2010 issunnboushi
一寸法師のお椀のような船。
竹で編んだ上に、塗装が施されています。
夕陽を背に、漁に使用する網の手入れをしている漁師さんたちです。
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。