スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルのレストランでブン♪

最近、週末の朝ごはんによく食べるのが
SONG HONG HOTEL(家から歩いて5分)の Bun Bo(ブンボー)。
ブンは、米粉でできた断面の丸い麺で、見た目は素麺のような感じです。
ボーというのは牛のことで、牛のスープに、牛肉がトッピングされています。

これは私が注文したブンボー(小)24,000ドン(120円)
麺が少なめです。
ライムを絞り、モヤシやバナナの蕾の千切り、空芯菜、
それにドンブリの奥にある唐辛子&ニンニクの調味料を入れて食べます。
31jan2010 bunbo


こちらは相方のブンボー(中)28,000ドン(140円)
豚足(ここは牛ではなくて豚。)が入っています。
相方は生の唐辛子もポイポイ入れるので、スープは激辛です。
31jan2010 bunbo2


ホテルのレストランの入り口です。
ベトコムバンクのATMの右側から入ります。
31jan2010 song hong hotel
いつも8時頃に行くと満席に近い状態ですが、
今日は遅め(9:30)に行ったら結構空いてました。
スポンサーサイト

テト(旧正月)休みの前に

こちらの大学で日本語を教えている私ですが、
ベトナムの1年で最大の祝日「テト」(旧正月)が2月14日に迫ってきて、
大学の授業も今週を最後にしばらくお休みです。
再開は2月22日。

私は火曜日と水曜日と木曜日しか授業がないので、
昨日が休み前の最後の授業でした。

授業の後に「テトの間も私はブンタウにいるので、遊びにおいで。」と、
2年生のクラスのみんなに言ったら、(他に3年生、1年生、短大の1年生も担当してます)
午後、早速遊びに来てくれました。

クラスは49人という大所帯ですが、
遊びに来てくれたのは勉強熱心な10人。
29jan2010 2nensei
マンゴーやオレンジ、お菓子等を手土産に持ってきてくれましたよ。
日本のお菓子「かりんとう」や、また「たい焼き」を作って、食べてもらいました。
「おいしいです。」と、みんな喜んで食べてくれて良かった!

バランスボールに挑戦するコ、
日本のドラマのDVDを吟味するコ、
私たちの結婚式(日本&ベトナム)の写真を見るコたち。
29jan2010 2nensei2

ブンタウ出身の学生は少なくて、
みんなテトには、北部や中部の町に帰省するそうです。
聞くと、「クルマで35時間かけて帰ります。」とか言うんですよ!
クルマでの長時間の移動には慣れてないだろうから、酔ったりもするんだろうなぁ。
みんな気をつけて帰ってね。
また遊びに来てね。

年末(陰暦)恒例の綱引き大会

昨晩、(陰暦での)年末恒例、相方の会社の綱引き大会が開かれました。
うちから歩いて5分のドッグレース場の中で行われるこの大会に、
今年も相方が出場しました。

スパイク履いて、今年もやったるぞ~。
27jan2010 tsunahiki

あれれれ~。
27jan2010 tsunahiki2

前半はアッサリ負けてしまいました。

場所を交代して、後半戦。
「みんな、できるだけ重心を低くしてください!!」と指示出し。
キャプテンなの?
27jan2010 tsunahiki3

「頑張るよ~。」
27jan2010 tsunahiki4

後半戦は結構頑張って粘りました(キャプテンの指示が少し効いた?)が、
結局負けてしまいました。
27jan2010 tsunahiki5
敗因は「チームワークができなかった。。」だそうです。
ちなみに、黄色や白のユニフォーム姿の人たちは、
この綱引き大会が始まる直前に、サッカーの試合で一汗流した方々です。

私が綱引き大会を観戦するのもこれで3度目ですが、
相方が勝つところを一度も見たことがありません~。

カオダイ教

ベトナムでは、国民の8割が仏教徒だそうです。
仏教に続いて信教徒が多いのがキリスト教。
(ブンタウには教会も多く、他の地域と比べてキリスト教徒が多そうです。)

うちの近所にもやはり仏教のお寺が最も多くありますが、
うちから15分くらい歩いたところには、
ベトナム南部発祥の新興宗教「カオダイ教」のお寺があります。
24jan2009 caodai

カオダイ教は1926年ベトナム南部発祥の宗教で、
(総本山はタイニン省。ホーチミン市から北西に約100km)
仏教、儒教、キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教などを融合した混合宗教。
信徒は100万~300万人程度(ウィキペディアより。幅があり過ぎ?)いて、
カオダイによる人類救済を教義とし、
シンボルは、天眼という聖なる目。
教祖が修行中に見た、神の目だそうです。
(↓写真の中央上。)
24jan2009 caodai2

フランス領インドシナ時代には独自の私兵団を従えて反フランス運動を展開したり、
南ベトナム時代にはカトリック教徒の大統領に対して激しい武力闘争を繰り広げたりしたそうです。
(仏教では何人ものお坊さんが焼身自殺やハンガーストライキを行いました。)

と書いてくると過激な新興宗教のように見えますが、
ホーチミン発の現地ツアーには「クチトンネルとカオダイ教」なんてのがあって、
この不思議な宗教観、創造的な建築を、観光客でも気軽に楽しめるみたいですよ。
1日に4回の礼拝があって、ツアーでは通常、12時の礼拝の様子を見学できるようです。

景気の良い町?

隣の家の庭が、こんなことになっています。
(砂埃よけのネットから手前が、我が家の敷地です。)

15jan2010 otonari2

1週間ほど前まではここに建物があって、
それは少し前まで幼稚園だったのですが、
幼稚園は別の場所に移動し、建物は取り壊されました。

15jan2010 otonari

昨日までは重機(ハングルの書かれたショベルカー)が入って、
地響きもして結構うるさかったのですが、
今日は10人程度のワーカーが出入りしてせっせと作業をしています。

主人の会社で使用する、倉庫を新たに建てるそうです。

これはかな~り小規模ですが、
ブンタウでは、私が知っているだけでも6か所、
大規模なビルが建設中もしくは計画中です。
大型ホテルや、ショッピングセンターなど。

なんだか景気の良い町に見えますが、
どう見ても、供給過多だと思います。
想定する客層にもよるのでしょうが、
既にあるホテルやショッピングセンター(?)は、
どう見ても繁盛しているとは言えないのに、
これから新しく作って、大丈夫だろうか???
と、とても心配です。

使い方の解らないスペース

相方が今年初オフショアに出かけました。
今回は短い予定だそうで、明後日には帰ってきます。


ところで、私たちが住んでいる家は、
築30年以上は経っていると思われる建物で、
もともとはこの周辺もロシア人居住エリアだったと、
何かで読んだことがあります。

いずれにしても日本人向けに作られた家ではもちろんないので、
キッチンの作業台が高いとか、
洗面所の鏡の前ではつま先立ちしないと自分が映らないとか、
いろいろ日本の家とサイズが異なることがあります。

この家のサイズで一番なれないのが、
玄関の広さ。

どう使っていいのか解らず、
しょうがないので、

相方の自転車修理スペース兼、
12jan2010 genkan

同じく相方の縄跳びスペース等
12jan2010 genkan2

として、
贅沢に使っています。

ここでゴルフの素振りもできますよ。

ここの周辺エリアは、間取りは結構違いますが、
どこも広くて贅沢な作りだなぁ、
日本ではありえないなぁと、
どのお宅にお邪魔しても驚きます。

あけましておめでとうございます。

しばらく更新が滞っておりましたが、元気にしています。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

更新をサボっていたのは・・・
大学で引き続き試験が行われていてちょっと忙しかったのと、
年越しでタイに旅行に行っていたからです~。

今日はタイ旅行の模様をご報告します。


まずは、元旦に行ったアユタヤ。
ゾウさんの上から「サワディーカー」(こんにちは。男性は「サワディーカーップ」)
9jan2010 thailand


同じくアユタヤのお寺、「ワット・ヤイチャイモンコン」で
仏像(?)に金箔を貼って初詣。
9jan2010 thailand3

バンコクではワットプラケオ(王宮内にあるキラキラのお寺)へは行きましたが、
9jan 2010 thailand4

思っていたよりも暑くて、
あとはほとんどショッピングモールやホテルで過ごしました。

水上マーケットのツアーにも参加して、
それも結構面白かったけれど、
クリスマスに続くお正月休みで観光客がかなり多く、
肝心のマーケットには間に合いませんでした(!)。。。


会社に勤めていたときの先輩が今バンコクに駐在されているので、
今回、訪ねて行きました。(実際はホテルまで迎えに来ていただいた)
ご家族(奥様と、お嬢さん二人)も一緒にバンコクにいらっしゃって、
あちらでの生活の様子もお聞きできて興味深かったです。
みなさん元気そうで、楽しんでる様子で良かったです。


いやぁ、それにしてもバンコク、想像していた以上に都会でした~。
ベトナムからすごく近い国だし、
似たような人が住んでて、
ホーチミンより多少発展しているのかなぁなんて思っていましたが、
かなり違いました。
モノレールや地下鉄も走ってるし。
ショッピングモールの規模は大きくて、どこもお客さんがたくさんいるし。

旅行中、相方もよく
「マレーシアのKLとシンガポールとバンコク、どこが一番かなぁ。」と
考え込んでいました。
ホーチミンから1時間半で気軽に行けるので、
またチャンスがあれば、買い物等に出かけたいなぁ(希望)と思っています。
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。