スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のお供にチェス。

先月日本へ少しだけ帰ったときに、持ち運び用のチェスを買ってきました。
小さいけど、駒はちゃんと立体的だし、
磁石がついているので、
不安定な場所でも問題なく楽しめます。

29nov2009 chess

これは先日行った、フーコック島での1戦。
相方が勝ちました。

チェスは、将棋に似た、将棋より簡単なゲームなので、
気軽にできます。
頭の体操になるし、
ルールは世界共通なので、
もしできたら他国の人とも楽しめるかもしれないと思って、
ときどきやっていますが、
今のところ、夫婦対決しかしたことありません。
そして、私がいつも負けています。
スポンサーサイト

乾季のブンタウを再びサイクリング

昨日、久しぶりに20kmサイクリングをしました。

漁村の風情を満喫できるTran Phu通りより。
左のおじさん「ホラ、あそこにおるやん。早よ投げやー。」
右の網を持った人「ほんまや!よっしゃー、いくで~。」
27nov2009 cycling

同じくTran Phu通りで写真撮影する新婚カップル。
27nov2009 cycling2

日本語&中国語のレッスンがキャンセルになったので、
一汗かきに出かけたのですが、
帰ってもまだ10時。
ゴルフの練習に再び出かけました。
27nov2009 driving range

帰ってお昼ご飯を作って相方と一緒に食べて、
午後は大学で日本語の授業。
一日に何種類かのことができると、
すごく満喫できている気がして、
それだけで嬉しくなります。


ブンタウは既に乾季に入っていますが、
最近少し曇りがちで涼しく、
たまにちょっとだけシトシト雨が降ることもあります。

盛りだくさんな始業式

少し前のことになりますが、大学の始業式に出席しました。
25nov2009 shigyoushiki 1

日本の大学では、
というか私自身、
入学式や卒業式の記憶はありますが、
学生が参加しての始業式ってあるのか知りません。
あったけど、忘れているだけかもしれませんが。。

ベトナム全土でそうなのかわかりませんが、
この始業式は盛りだくさんで、とても長かったです。
朝7:30開始で、終わったのが11時過ぎ。
上の写真のようなダンスや歌のパフォーマンスがいくつか披露され、
総長や来賓のスピーチがあって、
下の写真のような前年度の成績優秀者への奨学金贈呈などが続きます。
(日本語科の学生も2名、表彰されていました。おめでとう!)

25nov2009 shigyoushiki2

始業式が終わったら先生方はレストランへ移動して、
ランチパーティー(男性方はお酒も結構飲み、後半はカラオケ大会に。。)をしてから解散となりました。


私はスピーチ他、偉い方々が言ってることの10%も解らないので、
4時間近く、そこに座っていること自体が結構辛かったです。
(学生が表彰されているのは本当にうれしかったけど。)
ベトナム人の先生も、意外と辛そうでした。

ディナークルーズでバンブーダンス(ちょんまげ)

先週末、ホーチミンのサイゴン川で船を貸し切っての
あるバースデーパーティーに参加してきました。

招待状に「おかしな帽子をかぶってきてください。」と書かれていたので、
相方は家にあった、ちょんまげのカツラ(帽子じゃないけど)装備で行きました。

参加者のなかで日本人は私たち二人だけ。
他はオーストラリアやシンガポール、アメリカ、etc.各国からの招待客だったので、私も浴衣を着て張り切って行きましたが、カツラも浴衣も、思ったほどウケなくてさびしかったです。


この動画は、ご指名を受けてバンブーダンスを披露する相方。

[高画質で再生]

bamboo dance

[広告] VPS
「動きにキレがあるなぁ」と、自画自賛していました。

先生の日を祝う文化祭

明日、11月20日はベトナムの「先生の日」です。
それを祝う文化祭のような音楽祭のような催しが開かれたので、
相方と二人で今年も出かけました。

昨年の様子はコチラ

19nov2009 senseinohi

3年生がファッションショーをしました。
この写真は、紙で作られた「着物」。
キレイでした。
その他の服(アオザイのアレンジ、ドレスetc.)も全て、紙で作ったそうです。
みんな結構忙しいだろうに、よく頑張ったなぁと感心しました。

ダンスや歌等、他のグループの出し物も少し見て、帰ってきました。
どのグループもよく練習されていたと思います。
若いっていいなぁ。

明日は学校も休みだワーイと勝手に思ってたけど、
普通に授業はあるらしいです。。。
ショック。

フーコック島での観光

今回は、フーコック島旅行の観光編のご紹介です。

と言っても、タクシーで2-3時間、
周辺の3か所を廻っただけです~。
ほかの時間はビーチで遊んだり、
プールで泳いだり、
食事をしたり、
越南武術「タイチ」をしてみたりと、
のんびり過ごしました。


まずはニョクマム(魚醤)工場。
ずらっと並んだ大きな樽には魚と塩が入っていて、
1年かけて発酵させると、
フーコック特産のニョクマムができます。
独特の強い臭いを想像して行きましたが、思ったほど臭くありませんでした。
しかし、ビンが割れたときの臭いを警戒して、
買っても、飛行機では持って帰れないそうです。
18nov2009 nuoc mam

次に行ったのは胡椒畑。
胡椒もフーコックの特産のようです。
3メートルくらいの高さに伸びた胡椒の木(つる?)がきれいに並んでいました。
18nov2009 bun tieu

最後に行ったのは真珠の養殖場。
フラっと入っていくと、お姉さんがおもむろにアコヤ貝を開いてくれました。
18nov2009 ngoc trau

出てきた真珠。
よく見るものより、ちょっと黄色ががってるのかなぁ。
18nov2009 ngoc trau2

こちらはその養殖場の敷地内にある、ギャラリーというかショップ。
マルチカラーの大玉ネックレス。
お値段は1億ドンを超えています!!!
18nov2009 ngoc trau3
(1億ドン=50万円です。)

でも、素人の私から見ても
巻きにムラがあったりして、
買う(ねだる)気にはなりませんでした。

ムラなく作る技術、そう真似できない特別なものなんだなぁと、
ここでも日本の技術の高さを実感したのでありました。

フーコック島には、ほかにも渓流やベトナム戦争時の捕虜収容所なんかもあって、あと1日あればそのあたりも見たかったなぁ。

最年少のお客様とフーコック島へ

相方のお姉さん一家がベトナムに遊びに来てくれていました
昨日の夜ホーチミンの空港でお別れをして、
私と相方はまた寂ちい思いをしています。


ちょうど1週間前の月曜日の夜に着いた一家と一緒に、
火曜日からは2泊3日でフーコック島のリゾートへ!
17nov2009 phu quoc3
海がキレイ(砂は鳴き砂!)で波も穏やかだったので、
1歳2か月の甥っ子くんも余裕で水遊びしてました。
泊まったLa Veranda Resort
ビーチが西向きで天気も良かったので、
水平線に沈む夕日がキレイに見られました。
17nov2009 phu quoc2
フーコック島では、海を楽しんだ他に、
特産のニョクマム(魚醤)工場や、
真珠の養殖場&ギャラリー、
胡椒畑なんかにも行ってみました。

そして、ブンタウへ移動。
みんなでゴルフ練習場へ行ったり、
男性陣がゴルフ場へ行ってる間に足つぼマッサージに行ったり、
ビーチを散策したりとノンビリ過ごしていたのですが、
最後の夜にはこの盛り上がり!
17nov2009 dog race
ドッグレースです。
なんと、お兄さんが4連勝!
7万ドン(350円)が10倍になり、翌日のホーチミンでのショッピング資金を荒稼ぎして、ブンタウを後にしました。

1歳2か月の甥っ子くんもずーっと元気で、
いろんな芸を覚えて披露してくれたり、
普段はあまり食べないと言っていたご飯も、
大人の食べているものを結構食べてくれたり。
おかげで賑やかで、楽しい旅になりました。

最終日に相方とお姉さんがお腹を壊してしまい、
翌日(今日)は何故か私にも時間差で来るというオチつきでしたが、
私はもう回復してきて、静かで寂しくなった我が家でまったりしています。

それにしても、フーコック島は良かったな~。
また行きたい!

本格的マレーシア料理

最近、近所においしいマレーシアレストランがあることが判りました。
ペトロホテルの中にあり、マレーシア人シェフが腕を振るうレストランです。
↑修正!正しくは「ペトロハウス」ですm(_ _)m

ヨガ仲間兼、中国語の先生兼、日本語の生徒のマレーシア人に教えてもらいました。

早速何度か足を運んでみて、イイ感じ。
我が家の外食レパートリーが増えました。

写真は土日限定のNasi Lemak65,000ドン(330円くらい)。
ココナッツミルクで炊いたご飯に、
チキンカレー(写真奥)や、
Sambalという、玉ねぎと唐辛子のカナリ辛い付け合わせ等がついています。
8nov2009 nasilemak

これはバッファローチキンウィング。
見た目は赤くて辛そうですが、味はマイルドです。
8nov2009 baffarochickenwing

食後には甘いミルクティーTeh Tarikも飲めます。
8nov2009 tehtarik


他にマレーシア料理をほとんど食べたことがないのですが、
マレーシア人も「あそこは美味しい!」と薦めてくれるので安心です。

店員さんが「ありがとうございます」程度の日本語を話すのも好印象。

Petro Hotel House
63 Tran Hung Dao, Vung Tau

友人との楽しい時間

週末に来てくれていた友人も無事に日本に帰ってしまって、
寂しくなりました。・゚・(ノД`)ヽ(;Д; )モライナキ

2002年に一緒に会社に入って以来の仲ではありますが、
遊びに来てくれて初めて、今までに無くたくさん話をしたり、
奥さんから聞く意外(?)な話もあったりして、楽しい時間を過ごしました。

写真はバックビーチにて。
中央左の、白いTシャツを着た人が今回来てくれた友人(旦那さん)。
その左の白い人が私の相方です。
3nov2009 guests

夕暮れのバックビーチ。
手前左のおかしな格好をした人は、水泳前の準備運動中です。
3nov2009 guests2

今週は特に予定はありませんが、
来週には相方のお姉さん一家が来てくれる予定なので、
それを楽しみにまた1週間過ごしますよ~。
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。