スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Waterfront Restaurantでインディアンビュッフェ

今日は、ヨガの先生(旦那さんが、私の相方と一緒に中国出張中)とそのお嬢さん、お友だちと、
もう1人日本人奥様と、夕飯を食べに行きました。
行き先は、ブンタウ唯一の、サービスの洗練された洋食(?っていうのかな?売りはステーキ、シェフはイングランド人だったと思います。)屋さんです。
そのレストランが、今日はインド料理のバイキングを催していたので、
カレー好きの私が誘われたのでした
先月は確かイタリアン、来月はインドネシア料理だそうです。
今日のインド料理は結構辛かったけど、ウェイトレスさんたちがインド風の衣装を着ていたりして、雰囲気がとても良かったです。
そこのシェフは前に「僕は日本でも働いていたんだ」と言っていたので、
「どんなところで?」と質問して、日本食レストランの名前や日本食の種類を期待していたら、
確か「ニッスイと言っていました。
スポンサーサイト

愛してますか?

空振りした翌日は、例の日本食レストランのウェイトレスさんたちも、
比較的時間通りに集まって、楽しく浴衣を着る練習をしました。

意外と、みんな日本語を勉強したい意欲はあるようで、
浴衣の練習が終わる頃になると、
英語の話せる人が「How do you say "I love you"in Japanese?」と聞いてきました。
”愛してるです。」と、もう1人の日本人奥様がホワイトボードに書いて説明。
疑問形も聞いてきたので、「”愛してますか?”と言います。」
「How about"I like you"?」
「”好きです”です。疑問形は、”好きですか?”です。」
というやりとりをしました。
今までになく、盛り上がりました

独身の日本人男性は、相方と同じ会社の人が数人いるだけなのですが。。
実践したかどうか、今度みんなに聞いてみます

今日のボランティアは空振りぃ~。

今日も日本食レストランでのボランティアでした。
が、一緒に教えている日本人奥様と2人で時間通り(9時)に行ったところ、
ウェイトレスさんが誰もいない。。。
仕方なく勝手にいつもの教室(2階の個室)で待っていたら、
掃除係りの女性が「掃除するので、どいてくださ~い」と言うので素直に従って部屋からそそくさと失礼。
見かねて、かつ驚いたマネージャーが自らお茶を出してくれて1階で待つも、
30分経っても姿を見せないウェイトレスさんたち。
「ヨガを休んでまでして来てるのにね~
「1人だったら私、怒って帰ってるところですよ~
と、半ば諦めてお茶をいただいて待っていましたが、
1時間の予定なところを、既に半分以上を無駄にしているのでさすがにバカらしくなって、明日出直すことにして帰りました。
みんな忙しくて疲れ、朝しんどいのはわかるけど、
『週3回してください!』と言ってきたのはお店の方だし、
私たちもそれに応え、ボランティアながらもお店のために時間を調整して行っているので、
今日はちょっと切ない気持ちになりました。
でもまぁここはベトナムだし、私たち日本人の常識は通じないことが多いことには慣れてきてるので、
意外とイライラやカリカリはしないです
でも明日はちゃんと来て、みんな楽しんでくれるといいんだけどな~

そんな切ない気持ちとは裏腹に、このブログの背景を爽やか涼しげなものに変えてみました
日本ももう、どんっどん暑くなりますからね。
「・・・が見難いよ~」とか、不都合があったら気軽に教えてください。
これからも相変わらずのカベチョロ日記を、たまに覗いてくださいませね~

初めての1人ブンタウ

相方が、今日から出張に行ってしまいました。
行き先は中国。5日間の予定です。

相方は何度か2-3週間単位で海上に出張してきていたものの、
それは私が来る前だったり、この間は日本に帰らせてもらったりだったので、
私にとっては、今回が初めての1人で過ごすブンタウです
出かける前は「うーどうしよう」とドキドキしていましたが、
1人になってしまったらもうどうしようもないので、
適当にテレビを見たりネットを見たりで適当に過ごすしかありません。

さっき相方から連絡があって、今日ホーチミンの滞在ホテルには各国代表のミスユニバースが集まっていて、(今年のミスユニバース世界大会は、ベトナムのニャチャンで開催予定です)
エレベーターで囲まれたとか。
楽しそうですこと
私もそんな綺麗な人たちを間近で見てみたいものです

とりあえず日本食レストランでのボランティアや、ヨガ、ベトナム語教室、英会話、ピアノなど、
ちょこちょこ予定やその準備もあるので、気を紛らわせながらやり過ごすことにします

あ、相方がカメラを持っていったため、しばらく写真無しの更新になりますのでご了承くださいまし

久々のバドミントンと、バインセオ

今日は焼きたてパンでランチをしたあと、
久々にバドミントンで汗を流しました。
相方と2人、かなり本気でバシバシやっていると、
別でやっていた若い男の子が2人、話しかけてきました。
どうも、「一緒にやりませんか」と言ってきている様子だったので、
彼ら2人と、私たち2人で、バシバシ打ち合いをしました。
21 jun 2008 budminton

特にゲームをするわけでもなく、ただ打ち合っていただけなのですが、
どうも緊張感からハイになるようで、
2人だけでやっていたときより疲れないし、面白いし、上手くできていた気がします。

1時間汗を流したあとは、美味しいと評判のバインセオ屋さんへ
バインセオは、「ベトナム風お好み焼き」とガイドブック等に書いてある、
米粉とココナッツジュースの生地+もやし、エビ、豚肉といった具で丸く焼かれたもので、
21 jun 2008 banh xeo

ライスペーパーに葉野菜と一緒に巻いて、甘酢につけて食べる、おやつとかスナックといった感じの食べ物です。
サクサクとした食感で、どんどん食が進む感じ
↓の写真、バドミントン疲れで手がブレちゃってます。
21 jun 2008 banh xeo2

厨房(?)は、こんな感じです。
21 jun 2008 banh xeo3

ベトナムご飯も、「当分いいや。。。」と飽きる時期もあったり、
「行ってみようよ~」と積極的になるときもあったり。
結構波がありますが、今は積極的ベトナム波が来ておるようです。
21 jun 2008 back beach


追記:バインセオは、一皿17,000ドン(120円くらい)です。
2人で1皿で十分です。
このときは2皿頼んでしまって、最後の方は結構きつかったです。

相方とコネコネ、ヨガの先生とヨガ仲間とコネコネ。

今日は久しぶりに家でゆっくり週末を過ごそうと思っていたら、
相方が上司に呼ばれて会社に出かけてしまいました。
その間にパン生地を捏ねて発酵させていたら、一時間ほどで相方も帰宅。
一緒にバターロールとハンバーガー用のバンズを焼きました。
21 jun 2008 butter roll

ロール模様が消えてしまいましたが、(←何でだろ?オーブンの余熱が不十分だったかな?)
ランチに美味しくいただきました
21 jun 2008 butter roll 2

これも理由が不明ですが、最近ブンタウで強力粉が品切れ中です。
そんななか、ヨガの先生(=相方の上司の奥さん、私の英語の先生、ピアノの生徒)
に先日あげたパンが好評だったらしく、パン焼きを教えることになったのですが、
引き受けたはいいけど、強力粉がなーい
日本人奥様の同じくパンを焼く方にお借りすることができて、(結局いただいてしまいました。)
1日限りのパン教室も無事開けたのでした。
そのときの強力粉をありがたく使っての、本日のバターロールたちです。
ハンバーガーは後日作ります。

パン教室のときに焼けたパンは、写真を撮り忘れてしまいました。。。
作ったのはティラミスパンと、シナモンレーズンパン。
両方とも、最近お気に入りの、マフィン型を使っての成形にしました。
上記の奥様の協力もあり、ヨガの先生も喜んでくれたようです。
彼女はビデオカメラ持参で、作り方を録画していきました。
下の写真は、そのときのために張り切って作ったレシピです
彼女は、レシピの英語もマメに直してくれました
17 jun baking lesson

日本食レストランで「せんせい」

6月のはじめに、ここブンタウにも日本食レストランがオープンしました
これまでも、まぁ家庭料理は不自由してませんでしたが、
お寿司や、お刺身などは特に、家ではやっぱりなかなかですし、
外食のレパートリーも増えて、食生活が豊かになりました。
メニューも期待していたよりはるかに多いし、まだ食べていないメニューばかりですが、これからよく使わせていただくことになりそうです。

ところで、このレストランで週に2-3回、従業員に日本語やマナー等を教えることになりました。
もちろんボランティアで。
今日は3回目で、浴衣の着方を教えてきたところですが、みんなカワイく着こなせていました。
最初の2回は日本語の「いらっしゃいませ~」から、「ワサビ抜き」等まで。
明日も行って、メニューの読み方等の練習をする予定。
学生のときのファミレス等でのバイトが、ベトナムで役立つとは驚きです
とても楽しんでやっています。

自分達が気持ちの良いサービスを受けるための教育なのでやりがいもあるし、
「せんせいと呼ばれることが恥ずかしいような嬉しいような。
ちょっとニンマリしながら、自転車で片道3分のレストランにかよっています。

週末ファンティエット旅行の続き

昨日の記事の続きです。
今回の旅行はお気に入りリゾートホテルで、のんびり過ごすことが目的だったので、
今日はホテルのご紹介です。(もちろん、回し者ではないですよ。)

部屋はビーチに面したバンガロータイプで、
バスルームには小さな庭があり、外にシャワーと小さなハンモックがあります。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 6

バルコニーからはすぐ海に出られます。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 2

一度やってみたかった、「砂浜でヨガ」をしました。
朝6時半。
本気です。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 3

朝5時半頃に目が覚めた(寝ぼけた相方に起こされた)ので、
砂浜を1人散歩したりしていたのですが、たまらず相方も無理矢理起こしました。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 5

1人散歩のときに見つけた、ロマンティック
おぉ、なんとこういう楽しみ方もあるのですね。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 4

ホテルにはプールが2つありました。
こちらは最近できたプール。
海との境目がほとんど無いようにできているのが特徴です。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort

もう1つのプール。
特に夜はライトアップが綺麗でした。
15 jun 2008 phan thiet victoria resort 7

両方のプールで結構泳ぎ、もちろん海でも泳いだし、他にもスカッシュテニスも楽しみました。
夜はバルコニーに蚊取り線香を持ってって、星空を眺めて過ごすこともできました。
ゆっくりのんびりするためにリゾートホテルに泊まるなんて初めてだったのですが、
お気に入りの場所、ホテルを楽しむ贅沢。存分に味わいました~。
またいつか行きたいなぁ

週末ファンティエット旅行

金曜日からの2泊3日旅行、ファンティエットから戻りました
ブンタウからクルマで片道3時間という近場でかなりのリゾートを味わえ、リフレッシュできました

今回は、まず観光編。
次回、(お気に入りの)ホテル編を更新しようと思います。

まずホテルの入り口で一枚。
(下の写真の)バイク&サイドカーはあいにく使用不可だったので、ジープでのツアーに参加しました。
15 jun 2008 phan thiet excursion

一つ目の目的地は、漁港。珍しい砂浜の漁港です。
向かって右側はガイドのお兄さん。
右はしに見える お椀型のものは、船です。
少し沖に泊めた漁船との連絡に使われたり、そのまま1~2人で漁に出たりもするようです。
15 jun 2008 phan thiet excursion 2

砂地の丘陵エリアをぐんぐん行くと、
15 jun 2008 phan thiet excursion 3

砂丘に到着!
簡単なソリのようなものを使って滑ってみたら、耳やらズボンのポケットやらにも砂がいっぱい
でも楽しかったです
15 jun 2008 phan thiet excursion 4

こちらは赤い砂丘です。
15 jun 2008 phan thiet excursion 5

ブンタウへの帰り道の途中には、涅槃像のある山があり、そこにも立ち寄ってみました。
想像を超える規模の大きさにびっくり。
ゴンドラに乗って山の上まで行きます。
15 jun 2008 phan thiet excursion 6

そこからもさらにかなりの階段を上がって、やっと出会えた涅槃像。
大きかったです
結構ベトナム人観光客で賑わっていました。
15 jun 2008 phan thiet excursion 7


3時間でここまで別世界とは期待以上でした。
ただ、虫除けをあまり気にしていなかったのですが、虫さされの被害も想像以上です。。。
帰ってからムヒを手放せません

近場のビーチリゾート、ファンティエットへ

今週末は、久々に相方が休暇をとってくれてファンティエットという近場(ここから200kmくらいかな?)のビーチリゾートに出かけてきます。
3月にカンボジアのシェムリアップで泊まったホテルがとても良くて
そのビクトリアホテルがここベトナムにも(というかベトナムの方が先で、カンボジアには1件だけ)数件展開していることが判ったので、
今回も利用することにしました。

雨季まっただなかではありますが、
水着やら、読もうと思っててまだ読めてない本やら、テニスラケットやらを持っていって、
2泊3日、のんびりしてきま~す
帰ったらまた写真報告しますね

ライチが出回り始めましたので、昨日のランチのデザートに食べてみたのですが、
考えてみると実は生のライチを食べるのは初めてでした。
日本ではライチって冷凍ですよね。生のもあるのかな?
写真の手前がライチ、奥はランブータン(ベトナム語ではチョムチョム)です。
11 jun 2008 lychee

皮を向くと、中から白の美しい、ジューシーな実が出てきます。
中心に、細長くて大きな種が入っています。
11 jun 2008 lychee 2

味としては、ロンガン(ベトナム語でニャン)なんかの方が甘みが強くて、好きかなぁ。
まだシーズンが早いのかも知れません。

ブンタウに戻りました

昨日の夕方、ブンタウに無事戻りました
今回は初めて福岡空港発、ホーチミン行きの飛行機に乗ってみました。
空港では、日本国内用にレンタルした携帯電話の付属品等を入れたままの荷物を預けてしまったり
チェックインや出国手続きに思いのほか時間がかかったり、
出発時刻の40分も前から搭乗したりと、少しバタバタしましたが、
無事に携帯も返却し、どうにか間に合って戻ってきています

ホーチミンでは予定より早く陸に戻った相方が空港まで迎えに来てくれて、
ブンタウでギリギリ篤姫も見られました。

今日は早速ヨガに行ってこようと思います
明日はひどい筋肉痛になるんだろうなぁ~

陶芸教室に混ぜてもらいました。

今日は、母が最近通い始めた陶芸教室に混ぜてもらいました。

クルマで20分くらい行った隣町に、陶芸教室はあります。
何年か前に、やはり母とドライブをしていたときに「わぁ、ステキねぇ」と見ていたログハウスが、その陶芸教室だったのでした。
到着してまず先生がお一人で10年前に建てたログハウスで、挽きたてのコーヒーと奥様が焼いたパンケーキをごちそうになりました。
2 jun 2008 tougeikyousitu 4

そして陶芸小屋へ移動。
ここももちろん先生の手作りです。
お庭にはケヤキやモミジが植えられていて、紅葉の季節は何とも言えず素晴らしいそうです。
今日はみどりがとても清々しい、雨の景色でした。
2 jun 2008 tougeikyousitu 3

まず「菊練り」という、土をこねる作業です。
土はかなり硬くて、難しい
私も少しやらせてもらいましたが、すぐに母に笑われて、イヤになってしまいました
写真はその母です。
2 jun 2008 tougeikyousitu

いよいよロクロを使って形作り。
先生が丁寧に、優しく面白く教えてくださいます。
写真は、母のお友達です。
今日は私を含めて5名が生徒でした。
2 jun 2008 tougeikyousitu 2

私の作品はこちら
マグカップを作ってみました~。
他にも、湯のみとお皿も。
2 jun 2008 tougeikyousitu 5

このあと、乾燥させて、素焼き、釉薬をかけて、本焼き
あとは先生と母に委ねて出来上がりを待つだけです。
う~ん楽しみ~
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。