スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メープルパンと、アーモンドクラウンと、メロンパン

今日は3回転でパンを焼きました

まず、こちらに来てからも何度となく焼いているメープルパン
maple bans feb 08

次は、パン教室で最初に習った、アーモンドクラウン
almond clown

強力粉160gに対して卵1個分、バターも30gと、リッチな生地です。
飾りにアーモンドスライスを使うのと、
エンゼル型を使った形が王冠のように見えるので、この名前だったと思います。
先月(だっけ?)、型をやっと購入したので、ようやく焼けました。
イイ色です。

いつものようにレシピの倍量で作ったので、
残りの半分は丸めてアーモンドスライスを乗せて型入りと同時に焼き上げ。
コロンとして、これも可愛かったです(写真撮り忘れました)

そして最後は、先日のリベンジ、メロンパン
melon buns revenge

今回は網目もクッキリつきましたよ~
前回アドバイスいただいたように、
最終発酵の前にスケッパーでグリグリやると、上手くいきました
レシピ通りの10個焼くには天板が小さかったので、
焼いてる間に膨らんで、ほとんど全部くっついてしまったのが残念ですが、
何故か前回よりパン生地はしっとり、クッキー生地もサクサクで美味しい気がします。

そういえば相方からは「クリームパンを焼いてくれ」とちょっと前からリクエストをもらっていたのですが、、、
クリーム作るのがちょっと面倒なので保留にしちゃっています

今週末は、高校のときの同級生が遊びに来てくれることになりました!
一緒にヨガやゴルフをしたり、マッサージに行ったりして、
のんびりしてもらえるといいなぁ
スポンサーサイト

ブンタウ観光博

少し前になりますが、ブンタウ観光博(←日本語だとおそらくこんなタイトル)に行きました。
家から歩いて5分のところで、旧正月のイベントとして開催されていたものです。

催し物としては、
 ・おかまショー
  new-half show

 ・洋服やキッチンツールなどの出店
 ・輪投げ/射的系のゲーム出店
 ・移動アトラクション
   (手作り感のあるメリーゴーランドや、
    サーカスでよくある、球体の中をバイクが疾走するヤツ等)
  merry-go-round

という感じで、あまり期待していなかった通りのものが多いなか、
オカマの形相には度肝を抜かれて興奮しました。

私達も、ゲーム出店のなかの、「モルモットのレース」に参加しました。
molmot race

オジサンが1人で効果音を口ずさみ客引きをしているエリアに引き込まれていくと、
チケットを売っているオバサンも、オジサンでした。
怖くてドン引きでしたが、頑張って5,000ドンで購入
molmot race ticket

5つの番号の箇所に、モルモットが迷い込んでくれるのを祈ります。
惜しくも隣の番号に入ってしまい、景品(350mlのジュース6缶)は手に入りませんでした。

他には、日よけの手袋と、サラダ等を取り分ける用の大きなスプーン&フォークを購入して、
オカマちゃんのおかげで意外と楽しめたイベントでした。

ホーチミンにお買い物に

今日はホーチミンまで、買い物に出かけてきました

相方は1日仕事だったので、私1人で。
1人でホーチミン(フェリーで片道90分)に行くのは、これが2度目です。
(1度目は、電子ピアノを買ったときです。)

ベトナムは比較的治安の良い国だとされていますが、
私たちはホーチミンに行くと、いつも緊張して疲れます
理由は 
  1.交通量が多く、信号があまり整備されていない。その上、守らない人も多い。
  2.スリや引ったくりが多い。(なので、カメラを持ってかなかったため、写真ナシです)
  3.タクシーの運転手がアクドイ。遠回りをしたり、メーターを早く回るように改造したり。
これくらいなので、注意すれば、まぁ大丈夫です。

私達はバイクタクシー(バイクの後部座席に乗っけられるだけの移動手段。)の利用が
禁止されているので使ったことはないのですが、
今日はホーチミンで、1人のバイクタクシーのおじさんが「おっぱっぴー」と言ってきたので苦笑してしまいました。
そうするとおじさんは更に追いかけてきて、「どんだけ~!」と叫んでいます。
いやぁ、勉強してるんだなぁと感心していたら、
さらにおじさん、「今、日本で何が一番新しくてウケますか?」と日本語で聞いてきました。
凄い営業努力です
私はベトナム語でそんなこと話せません。
かなりビックリ&感心したのですが、
「私はベトナムに住んでいるので、知りません。」と答えるしかありませんでした。
おじさんと同じだけしか知りません。
おじさん、ごめんね

でもホーチミンでは、相変わらず日本から旅行で来ている方を結構見ました。
誰かが教えてくれてるでしょうね

ピアノと英語

アマンダという、ヨガの先生の1人(もう1人と交代で教えてくれています)に、
今日からなんと、ピアノを教え始めました
piano with music books

代わりに、英語を教えてもらいます

1人じゃ心細いので、日本人奥様たちにも巻き込まれていただきました

いつも、週に3回のヨガの後は一時間くらいカフェで日本人奥様とお茶していたので、
その時間を使って、週1~2回、うちで30分ピアノ、後半30分は英語を勉強するという企みです。

アマンダは、相方の上司(オーストラリア人)の奥様で、10歳になるお嬢さんがいる、
とても素敵な人です。
昨日ゴルフの練習に連れてってもらった際に恐る恐るお願いしてみたら、
快諾してくれました。

前に2人でお茶したときに「ピアノ教えてくれない?」と言ってもらって、
そのときは躊躇して半分断ってしまっていたのですが、
彼女は7月末にはホーチミンに引っ越してしまって寂しくなるし、
いろいろ話も聞きたいし・・・・・。
と、悶々とした結果の提案だったので、とても嬉しかったです

今日実際にやってみたところ、、、、かなり良さそう
彼女が題材を準備してくれたこともあるし、
english materials

みんないい方ばかりなので、リラックスして勉強ができそうです。
最初は「うまくいくかな~?」と、実はかなり緊張していたのですが

とりあえずうまくいきそうで良かった~
アマンダと、巻き込まれてくださった奥様方に感謝です

テト休暇の後半は日本で 

テト休暇の後半は、日本で過ごしました。

相方の実家(山口県下関市)で2泊、私の実家(愛媛県宇和島市)で2泊。
いずれものんびりさせていただきました

山口では、
錦帯橋を渡ったり、相方が幼少の頃に暮らした町を案内してもらったり、
会社の同期やその家族と会って赤ちゃんに癒されたり、
近くの温泉に行ったり。
yamaguchi visit kintaikyou


そして福岡空港からプロペラ機(!35人乗りくらいでした)に乗り、
air craft from fukuoka to matsuyama

松山空港へ。
約50分のフライトです。

愛媛では、
実家のみかん畑で八朔(はっさく)の収穫作業を1時間だけしてみたり、
ehime visit hassaku harvest

宇和島城を散策したり、私の通った小学校・中学校・高校に行ってみたり、
ここでも温泉を楽しんだり。

あっという間の日本滞在でしたが、
みんな元気そうでお変わりなく、安心しました

変わったのは私の肌で、すっかり南国仕様になったみたいです。
日本の寒さと乾燥にやられ、各地での温泉めぐりも、香港での亀ゼリーの効果もむなしく、
肌が荒れ放題でした。。
でも、こちらはずーっと夏なので、
久々に日本の冬を体感して、やはり身の引き締まる思いをするのもいいなぁ、
特に、寒いなかでの温泉はたまらんなぁと既に懐かしい思いです。

今日はこれからヨガの先生(相方の上司の奥様)と、日本人奥様と3人で、
ゴルフの練習に行ってきまーす。
今日も暑くなりそうです

香港2日目は旧正月 2月7日②

引き続き、テトの旅行記録です。

午後は、食べ歩き(また!!)、買い物でブラブラ。

実は一番探していた「ザ・肉まん」に、ここでやっと出会えました。
hong kong visit tung chai st 4


続いてスウィーツ系
hong kong visit tung chai st 5


そして肌に良いらしい亀ゼリー
hong kong visit turtle jelly

私達はホットを頼みました。
好みでガムシロップをかけて食べますが、かな~り厳しい味でした。
機会と勇気と気持ちの余裕があれば、皆さん試してみてください。

そして夜はニューイヤーパレードを人ごみのなかで鑑賞。
おなじみの中国獅子舞あり、マーチングバンドあり、日本人集団や、ミッキー(本物)も登場して、
しばし華やかなお正月の雰囲気を楽しめました。
hong kong visit new year parade


宿まで少し遠回りをして、アベニュー・オブ・スターズという遊歩道で、
ジャッキーチェンの手形や、
hong kong visit avenue of stars1

(最近、死亡説の流れた)サモハンキンポーの手形と記念撮影
hong kong visit avenue of stars2


食べ歩いて終わったこの日も、スカイラウンジで乾杯して反省会。
香港の夜景は本当に綺麗でした。

香港2日目のハイライト
 1.飲茶
 2.亀ゼリー
 3.パレード
 4.サモハンキンポー

香港2日目は旧正月 2月7日①

間が開きましたが、テト休みの香港旅行の続きです

香港での2日目は、旧暦の元日でした。
あまり気にせず女人街という繁華街に出かけたところ、
ガラーンガラーン・・・
hong kong visit tung chai st

99%以上のお店が閉まっている。。。
朝ご飯にも(無防備に)飲茶を期待していたのに、全然お店が開いていないので、
仕方なく開いているお店に入って地元っこが食べているのと同じものを注文。
インスタントラーメン半分に、ハムと目玉焼きみたいのが乗ったものが出てきました。
hong kong visit ham egg noodle

まぁ、これはこれで美味しかったです

近くにいたおまわりさんに尋ねると、
「この辺りは、午後から開店するよ」と教えてくれたので、
とりあえず出直すことにして来た道とは別のルートで地下鉄の駅に向かう途中、
飲茶をやってそうなお店を発見
当たりでした
hong kong visit yamucha

朝ご飯を食べたばかりですが、また食べます。
hong kong visit tung chai st 2

ショウロンポウ、大根のパイ包み揚げ、かぼちゃゴマ団子。
どれも本当に美味しい
まず、食器類をお茶(飲むお茶と同じお茶)で洗って(そのお茶はもちろん捨てます)から食べます。
hong kong visit wash dishes in tea

お茶が無くなったら急須の蓋をあけてズラして「おかわりください」の合図をすると、
すぐに店員さんが来て、足してくれます。
しかし、こういうお店ではあまりトイレがキレイじゃないみたい(相方の調査結果)なので、
飲みすぎには注意です。

トイレ、じゃなくてホテルに一旦戻り、
おまわりさんに聞いたとおり午後また同じ場所に行ってみると、
この、同じ町とは思えない賑わい
hong kong visit tung chai st 3

元日の朝くらいは家で家族とゆっくりするのは、日本と同じなんですね。

また長くなってしまったので、後半に続く!

ブンタウバーガー

今日はお昼ご飯に、相方と二人でハンバーガーを作りました。

相方はハンバーグ担当、私はパン。
照り焼きハンバーグ2個(私はさすがに1個)とチーズ、レタス、トマトの入った豪華ハンバーガーができました。
とてもジューシーで、ボリュームにも大満足
vung tau burger


・・・これからまたビリーズブートキャンプです

午前中は、歩いて行ける範囲にバドミントンコートがあることが判ったので、
そこで日本人のご家族と一緒にバドミントンで汗を流しました。
夕方からは、そのご夫婦とテニスです

どんだけなの~

先日のパエリヤに入れたハマグリを、砂抜きしている様子です。
clams

いつも思ってたけど、足がビヨ~ンと出過ぎ
もします。

日本のものもこんなに出るのか知らないのですが、
ちょっと慣れない風景の1つです

バレンタインなので

今日はガトーショコラを焼いてみました。
(二つ目の写真上。見切れちゃいました
相方のリクエストで、バナナ入り。

使ったのはバラのケーキ型で、入れて焼くだけで華やかに見えるという優れものです!!
silikon rose

この型を初めて見たとき、相方は「かぶりモノかと思った!」そうです。
・・・楽しいね

今日の夕飯は、パエリヤ、豚バラ肉のグリエ、温野菜サラダ。
valentine dinner

パエリヤはとりあえず4人分作ったことを忘れ、
全部食べてしまいそうになったところを耐えました。

そう、何度か書きましたが、
私たちは確実にお肉をつけてきているのです
香港グルメ旅行も、帰省してのぬくぬく生活も終わったことだし、
今日はさすがに現実に向き合おうと、昼休みに体重・体脂肪率・ウェスト・ヒップ・太もも周りを測定したところ・・・・
2人で白目をむきそうになったのでした

これから本日2回目(1回目は昼休み)のビリーズブートキャンプ(最終プログラム×30分)です

香港に到着! 2月6日②

旧正月のお休み記録の続きです。

香港の九龍に着いた私達は、シャトルバスに乗り換えてホテルにチェックイン。
荷物を置いてまたすぐ出かけます

目的地は香港島にあるビクトリアピーク
ホテルのある九龍とは海を隔てていて、海底トンネル、地下鉄、フェリーで渡れます。
私達はとりあえずスターフェリーというフェリーに乗り、のんびり香港島に渡りました。
hong kong visit star ferri

香港島に着いたら、次はバス
香港でバスと言えば、2階建てバス
hong kong visit open-top bus

さらにオープントップ(2階部分が屋根なし)というところに、アドレナリンが湧いてきます。
あいにくの冷たい小雨も、全然気になりませんでした。
大人げなく2階の最前列に陣取った私達は、
子供たちがジェットコースターにでも乗ったように「キャ~」「ギャー」と騒ぐのを聞きながら、
更に気分を盛り上げます。
ピークトラムというケーブルカーに乗り換え、10分ほどしてやっと山頂に到着!
一通りウロウロした後、夕飯①を食べながら日が暮れるのを待って、夜景を満喫しに外へ。
hong kong visit night view from victoria peak
さささ、寒い。。
そそくさと(ピークトラムが激混みだったので、バスで)下山し、夕飯②へ繰り出します。
目的地は「香港蓮香楼」
今回参考にした↓このサイトで、ビギナー向けのお店として載っていたところです。
香港ナビ 蓮香楼
大晦日の閑散さもあいまって、かなりディープな雰囲気を満喫しました。
hong kong visit dinner2

蒸し鶏(ハーフ)や、イカのエビ乗せ揚げ(写真の料理)、マーボーナスみたいなのをお腹一杯食べて、
香港島を後にし、地下鉄でホテルのある九龍側に戻ります。

帰り道で見た工事現場の足場は竹でできていて、中国を感じつつ(?)ビックリしました。
hong kong visit bamboo scaffold


ホテルに戻り最上階のバー、SKY LOUNGEで、香港島側の夜景を眺めて乾杯し、香港1日目はこれで終わりです。
(部屋の窓からは改装中の中庭が見えただけだったので。。。)
hong kong visit night view from sharaton


香港1日目のハイライト
 1.クリスピークリームドーナツ
 2.スターフェリーと2階建てバス
 3.ビクトリアピーク
 4.はしごしたディナー

夫婦で世界一周旅行

私達の話ではないですよ~。

私の高校時代の友人、サヤカちゃんが、夫婦二人で世界一周旅行に出かけました
サヤカちゃんは、そう、私達の結婚披露宴で素敵なスピーチをしてくれた彼女
2008年1月から1年間の予定の旅行で、今はメキシコのカンクンにいるそうです。
そして、夫婦で書かれているブログがこちら!
どーん!

BUENA SUERTE de 道まかせ

サヤカちゃんは外語大でスペイン語を専攻+メキシコにも留学経験アリ、
旦那様は同じくヒンディー語専攻で、たしか秘境ツアーがお得意の旅行会社に以前勤めていたと記憶しています。

英語にスペイン語、ヒンディー語を駆使して、
きっと誰よりも世界一周を楽しまれることと思います。
旅程表によると12月頃には東南アジアに来るそうなので、
是非我が家でゆっくりしてってもらいたいものです

サヤカちゃん、ユキさん、南国より2人の無事を祈っています~

香港へ出発! 2月6日①

2月6日。
朝4:30に起きて、5:40には家を出、6時にブンタウを出るフェリーでホーチミンへ。

ホーチミンの船着場で待ってくれていた相方の会社のドライバーさんに拾ってもらい、
空港(タンソニャット空港)へ向かいます。
この日は大晦日。
前日のブンタウでの賑わいに驚いていた私は渋滞を予想していましたが、大きくハズレ。
大晦日になると、みんな家で料理等の準備をして、外にはあまり出ないそうです。
花市場も正午で閉まってしまうとか。
写真は駆け込みで花を買って帰る人々。
tet prepare 4 HCM


結局、いつもより早く30分弱で空港に到着しました。
2007年12月に正式オープンした新ターミナルは本当に綺麗で、
前の古いターミナル(現在は国内線用に使われています)が懐かしくも思えてくるのは、
こちらに住んで約半年が経ち、余裕がでてきたせいでしょうか。不思議です。
tan son nhat airport


香港までは全日空とベトナム航空のコードシェア便(機体はベトナム航空)です。
機内食に、お年玉用のポチ袋が!
hong kong visit in-flight meal

少しドキドキしてしまったのが恥ずかしいですが、中身は金塊チョコでした。
当たり前です。

そしていよいよ香港に上陸~

機内食を食べたばかりですが、早速ドーナツを買いに走ります。
hong kong visit krispy kreme doughnuts

東京では行列ができていて買えなかった「クリスピークリームドーナツ」が、
香港には8店舗もあり、空港にもお店を構えているのです~。
しかも空いていたので、念願かなって食しました!
実は色んな人の評価を聞いて、あまり期待してなかったのですが、
生地がフワフワで美味しかったですよ
このときはOriginal Glazedと、激甘キャラメルクリームのはいったもの(←名前忘れた)を食べました。
確かに、何時間も並んで食べるほどかと聞かれるとちょっと考えますが、
東京は人が多過ぎ&良くも悪くもみんなが同じ情報を持っているから、
食べたきゃ、並ばざるを得ないですもんね。。
私が東京にいたら、きっとそろそろ並んでるかなぁ。

ドーナツに満足した私達は、
エアポートエクスプレスに乗って九竜駅で降り、
そこからシャトルバスでホテルに行って荷物を降ろしたら、
次の目的地のビクトリアピークへ!

あ、また長くなってしまったので改めます。

テトの風景~ベトナム脱出前日(2月5日)

先ほど、日本から、ベトナムの我が家に無事戻ってきました
こちらは相変わらず暑いです

さて、帰省中に更新できなかった分をまとめて書きます。

写真は、2月5日の夜、相方の同僚宅にお邪魔したときのものです。
tet long san's house

3歳になる息子さんのビンミン君は、デジカメで写真を撮るのがマイブームのようです。
「ホアマイ」という黄色い花が飾られた部屋で、
夕飯をご馳走になりました
奥さんと、奥さんのお友だち夫婦と一緒に。

写真は撮れなかったけど、
バインチュン(もち米の中に豚肉と緑豆粉が入った、日本でのおもちのような存在の食べ物)、
牛肉の煮物、
とうもろこしと牛肉の煮物、
揚げ春巻き、
牛肉とセロリと玉ねぎの炒め物
なんかを、お腹一杯いただきました。
どれも美味しかったです
私が持参した薔薇のパン(生地にオレンジジュースも入れて焼きました)も、
たくさん食べてもらえて良かった~

「そろそろ、明日も早いのでオイトマさせていただきます~」と帰ろうとしたら、
同席していたお友だち(ベトナム人)がクルマで家まで送ってくれるとのこと。
お友だちのクルマはベンツでした~。
安全運転で、乗り心地も快適

20時頃には家に戻り、興奮しながら帰省&香港旅行の準備をして眠りました

テトの準備

2月7日は旧暦の元旦(テト)。
ベトナムで最大のイベントです。
私達は明日の大晦日にこの国を脱出しますが、町は正月を迎える準備で大変賑わっています。

特設の花市
黄色い花や、金柑、サボテンなんかも売られています。
tet prepair 1


フルーツ屋さん
スイカに「大吉」とか、「福」などと書かれたシールがペターンと貼られています。
tet prepare 2


市場も、かなりの人出です。
tet prepare 3


私達は、メイドさんやガードさんに、お年玉を準備したくらいです。
とは言っても、銀行のATMは、お年玉を準備する人の列ができています。
しかも順番を守らない人がいたりするので、結構大変
(メイドさんには100,000ドン(700円くらい)、ガードさんにはその半分×4人)
あ、あと、これから相方の同僚のお家にお邪魔するので、
そのお土産にフルーツをいくつかと、パンを焼いて持っていく予定です。

明日はいよいよベトナム脱出です!
帰って荷造りしなきゃ~

薔薇のパン試作その2,3 焼き上がり 

焼きあがりました
rose bread 2 finished!

rose bread 3 finised!!


ココア生地の方はまぁまぁですが、
マーマレード入りの方は、(お昼ごはんを食べていて)2次発酵し過ぎました
これはこれで、ふわふわサクサクでいいかな。

今回、張り切って試作してみたのは、
プレゼント用のパンだからです。

もうすぐ旧正月(2月7日が元旦。「テト」と言います)ですが、
ベトナムではこのテトが一年で最大のイベント!!

昨年のテトの際、相方は、会社の同僚からプレゼントをいただきました。
そのときはこちらの習慣をよく解らなかったし、
翌日(だったかな?)から帰国するので忙しかったこともあって、いただきっぱなし。。。
今年こそはこちらからもプレゼントを
だけど何を用意すればいいのやら。
う~む、昨年もらったのは「バインチュン」というオコワのような代物。
日本で言う、正月のお餅のような存在なのだと想像します。
では日本のお餅をお返しにしようか・・・
でも食べ方がややこしいし、そもそも好きかどうか??
それでは、ということで(?)日本の(?)パンを贈ることにしました。
もちろん、日本のものとなると手作りするしかないし・・・
ハテナマークは、この際無視です。

テトの風景と言えば、黄色い梅のような花と金柑
あとスイカとかバインチュンetc.
ベトナム南部では、テトにホアマイという黄色い花を買って家に飾る風習があるそうで、
(北部ではピンク色の桃の花を飾るらしい)
家の近所にも特設の「花市」が出て賑わっています。
また、金柑は日本の門松のように、家の玄関先の左右に飾るんだそうです。
果実が「金」に例えられ、縁起物として親しまれているとか。

ということで(また?)、
黄色がかった花に、マーマレード(金柑じゃないけど)を合わせたパンを贈ろうかなぁ~と思っています。
パンくらいしか作れないし
気に入っていただけるといいんだけど

薔薇のパン試作その2,3

昨日に引き続き、今日も薔薇のパンを焼きました。
ココア生地と、②卵入りマーマレード風味の2つです。

エンゼル型が1つしかないので、1時間くらい時間差でとりかかります。
①まずココア生地
(昨日の薔薇パンと同じ生地に10gココアパウダーを入れ、その分強力粉をマイナスしたもの)
を捏ねて、1次発酵が終わったくらいに、
②卵入り生地
(昨日の薔薇パンは卵なしで水分が牛乳140ccなのですが、今回は卵1つ+牛乳合計で140cc)
を捏ね始めます。
rose bread 2,3

あまり道具を持っていないので、左のココア生地は大きなラーメン鉢で発酵終了です。
ココア生地を丸めなおして10分生地を休ませ、次は成型。
昨日と同じです。
まず24cm四方に伸ばして、半分にカットしてバターを塗る×2回。
rose bread 2 casting

それから6等分にカットして、型に入れます。
rose bread 2 casting 2

型に入れたところ
rose bread 2 before 2nd fermentation

長くなってしまったので、続きは改めまーす。

こちらは相変わらず今日も暑く、発酵は室温で十分です。

ココアパン(合作)

昨日、薔薇のパンと並行して焼いたのは、シンプルなココアパンです。
生地は薔薇のパンとほとんど同じ。
ココアパウダーを10g足して、その分強力粉の分量を10g減らしただけです。
当分、この基本生地で少しずつアレンジしていこうかなぁ、と思っています。

オーブンに入れる直前
cocoa bread collaboration 2


成型中に相方が帰宅したので、また創作してもらいました。
上の写真の左下が相方作の「顔」
ハサミでパチンパチンと切っているだけなので、微妙な表情です
「うひょー」かな。

同じく、「イモ虫」
背中の模様が芸コマです。
cocoa bread collaboration caterpillar


全員集合。真ん中に鎮座している「○○○君は、相方のリクエストで私が作成
cocoa bread collaboration ^^;


食べ物で遊んでますが、いつも美味しく食べているので怒らないでください。
誰が?

薔薇のパン 試作その1

昨日は初めて薔薇のパンを焼いてみました。
これを焼くために、直径18cmのエンゼル型(大きいドーナツみたいなカタチです。名前は天使の輪っかから?)を買ったようなものです

強力粉200gを使って、捏ねて一次発酵。
麺棒で24cm四方の正方形に生地を延ばし、スケッパーで半分にカットしたら、
半分の表面にバターを塗り、もう一方を上に重ねます。
それをまた半分に切り、また半分にバターを塗って上に重ねる。
ここで12cm四方の正方形になります。
それを縦2つ、横3つに分けて、6等分。
型に少し崩しながら入れたら↓のようになります。
rose bread 1 before 2nd fermentation


2次発酵して、オーブンへ。
どーん。かなりふくらみました。
rose bread 1 baked


粉糖でおめかししたら出来上がり
焼き立てを、ちょうど帰ってきた相方と試食して、そのままテニスに出かけました。
rose bread 1 finished


バターを塗って重ねた生地が、一枚一枚、薔薇の花びらみたいに咲いてくれました。
(食べるときも、一枚一枚きれいにはがれて、それをはぐのがまた嬉しい。
バウムクーヘンも、はがして食べたいタイプです。恥ずかしいからやらないけど)

レシピを探して偶然見つけた↓のサイトを使わせていただきました。
ぱん工房「くーぷ」のひとりごと
パンを焼く主婦の間でカリスマ的な存在の(←勝手にそう思ってますが、きっとそのハズ)、門間みかさんのブログです。
パンはもちろんどれも美味しそうで、
しかも家事の合間に、基本的に家族のために焼いていて、写真もどれも素敵
何冊かレシピブックを書かれているのですが、まだ入手していません。。
でもブログを読んでいると焼けるように書かれているのも、また素敵です

今日は相方が仕事に行ってしまったし、また心行くまで試作してみようと思っています
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。