スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ごはん4~牛丼

今日は、日本食材(生鮮食品はシンガポール調達)が届く、
一ヶ月で最大と言っても過言ではないイベントの日です

普段、チマチマと使っている日本食材(先月届いたもの)を、
惜しげもなく使える唯一の日!

ということで今日のランチは、牛丼です。
gyudon

お肉もこちらの市場で手に入ることは入るのですが、

●牛肉に脂がのっていない
●薄切り肉がない

ということで、牛丼を作るには全く向いていないのです。
実際一度作ってみたものの、硬くて全然おいしくなかった。。
今日また新たな牛薄切り肉ちゃんが届くので、
大事に温存していた牛薄切り肉さんを贅沢に使って久々の牛丼を味わいました~。

他には、ほうれん草(これだけで3,000ドン、20円強。野菜が安くて助かります)のナムル風、
かぼちゃと高菜(?)の味噌汁、
デザートのニャン(ライチみたいな風味で、もっと甘みが強いフルーツ)。
二人でお腹いっぱい食べて、主人はまた仕事に行きました~


スポンサーサイト

相方1~つなぎ

今週月曜日は、主人がツナギを着て出かけました
tsunagi

もともとは真っ赤だったのですが、激しく色落ちのする素材でできていて、
みるみる薄くなってきました。
靴も、安全靴です。
男くさい感じが、お気に入りの様子です。

普段オフィスに行くときは、ワイシャツにチノパン姿、
今勤めている現場事務所には、
その上に、ツナギと同じ真っ赤のジャケット(作業服?)を羽織って出かけています。
そして同じく、激しく色落ちします

風景3~ヤギ(野生)

週末のサイクリングの続きですが、
沈みゆく船を見守って自転車を漕ぎ進めること10分。
めぇぇ~!めぇぇ~!!」と、歩道をヤギが歩いていました。
ベトナム人もびっくりしていました。
wild goat

飼い主らしき人は見当たらなかったので、多分野生だと思います。
迷子かも。

それはそうと、この辺りではヤギを食べるそうです。
ヤギ焼肉や、ヤギ鍋にして。
沖縄の宮古島で、ヤギ汁というのを少しだけ食したことがありますが、
クサくてクサくて涙が出そうだったのを思い出します。

ヤギ焼肉を食べたことのある日本人の話では、
そんなに気にならないそうなので、私たちもそのうち試してみようと思います。

風景2~沈む船

週末、二人して自転車で出かけたところ、
海はちょうど満潮でした。
前にも書きましたが、フロントビーチはいつも漁船で賑わっています。
この日は様子の違う船を発見

a sinking ship

・・・沈んでいました。
見えているのは、漁船の上の部分です。
赤字に黄色い星の、国旗がはためいています

先週の金曜日あたり、台風24号がこちらに最も接近していましたが、
風が少し強かったくらいで、雨もほとんど降りませんでした。
でも海上は荒れていたのかもしれません。

昨年の同じような時期に来た台風は、この町に甚大な被害をもたらしたそうです。
それもあってか、ビーチ自体から船が避難していたみたいで、
この日のビーチは閑散としていました

エクササーイズ1~ビリーズブートキャンプ

9月に横浜で開かれた、友人の結婚式の二次会で行われたゲームで、ビリーズブートキャンプのDVDをゲットしました。

結婚してから少しずつ、でも着実に、二人とも肉をつけているので、
たまに入隊して汗を流します。
隊長の励ましが心地よいです
billy's boot camp


基礎プログラム、応用プログラム、腹筋プログラム、最終プログラムと、
4つのDVDから成りますが、
私たちは一番ラクな、最終プログラムを主にエクササーイズします。
それでも、いつも翌日は筋肉痛です

日本ごはん3~お好み焼き

土曜日の夕飯は、お好み焼きを食べました
関西風です。
okonomiyaki


今回は結構日本食材に頼っています。
こちらで調達したのは、キャベツ、卵、エビ、イカ、マヨネーズ。
お好み焼き粉やソース、豚バラ肉、かつお節、青のりなんかは、
月に一度の日本食材配達にお世話になりました。

こちらにも山芋があることが解ったので、
次回は粉も地元調達で出来そうです

直径30cmくらいのものを3枚、二人でペロっといきました。
次回は広島風に挑戦したいです。

お好み焼きソースを手作りできれば、
大体どこに行ってもお好み焼きが食べられそうですね。
と一瞬思ったけど、かつお節と青のりの手作りが無理か。。。
やっぱり日本食材に頼らなければ、お好み焼きにはありつけませんね~

コネコネ5~全粒粉入り食パンとロールパン

先日、数少ないスーパー(と言うより、ヨロズやと言った方がしっくりくる感じの店構えです)で
全粒粉を見つけたので、
昨日はそれを使って食パンロールパンを焼いてみました。

食パン
syokupan

上の方が写っていないのは、あまりキレイじゃないからです
二次発酵が終わったときに少し触ってしまったせいでガスが抜けちゃって、
食パン型の蓋のところまでいきませんでした。。。
本当は、四角いパンを作ろうと思っていたのですけど。
近いうちにリベンジしまーす

ロールパン
whole-wheat meal roll

こちらは、結構きれいに焼けたのではないかと思います。
もう少し膨らんでも良かったかな~。
焼く前に、照りをだすために卵を塗るのですが、
焦って塗ってしまって、焼くまでに少し時間が経ってしまっていたのがいけなかったかなぁ?

両方、今日の朝食になりました。
ロールパンには卵サラダやハムをサンドして、食パンはトーストしてバターを塗って。
少し硬くて噛み応えがあって、全粒粉がクリスピーで食感に楽しい、ほんのり甘くて素朴なパンになりました。
いずれにしても、もう少し柔らかい方がいいかな~。
やっぱり分量が適当なのがいけないかな

お出かけ1~ホーチミン・ミトー結末

長くなってしまったお出かけ記録。
もうまた週末になってしまうので、いい加減、このあたりで終わりますね

ミトーを出て夕方ホーチミンに着き、夕食はフエ料理を食べに繰り出しました。
今回は、日本人奥様の一人に勧めていただいたTIBというレストランに行ったのですが、
ここは、アメリカの大統領も来たりするお店だそうです。
tib restaurant
フエ料理というと宮廷料理が有名なのですが、私たちはカジュアルなセット料理を頼みました。
20$で、おなかいっ~ぱい!!!

食事のあとは、サイゴン川を見下ろすホテルマジェスティックのバーで、
みんなで美味しいお酒を飲みました。
ここはオープンエアで川沿いにあるので、心地よい風が吹いていて、とても気持ち良かったです。

今回は、泊まったのもホテルマジェスティック。
1925年開業、地元資本で唯一の5星ホテルです。
ホテルマジェスティック サイゴン
(↑もともと英語の説明を、自動翻訳で日本語にしているページです。
面白いかと思ったけど、内容は全然わからないかも。。。)
部屋からもサイゴン川が臨めました。
saigonriver from majestic


そして翌日は楽しみにしていたお鮨をランチに食べました。
期待していたよりずーっとおいしい
魚にも脂が乗っているし、小さく握られていて、ぱくぱくいけました
茶碗蒸しも美味しかった~。
sushi bar hcm

しかもこれで600円弱
店内には、ベトナム人や西洋人のお客さんもお鮨を美味しそうに食べてました。
もう少しお酢がきいててもいいかなぁ、とは思いましたが、
いや~ベトナムでこんなおいしいお鮨が食べられるとは思っていなかったので、
二人して大興奮のランチでした。

今回のお出かけのハイライトは、

①メコン川手漕ぎボートのスリル
②ホテルマジェスティックの屋上バーの心地よさ
③ホーチミンで食べる美味しいお鮨


といった感じですが、私はお鮨が一番感動だったかな~。
まぁ、日本からの旅行だと、わざわざお鮨を食べることもないのですが、
私たちには本当に有難い~

お出かけ1~ホーチミン・ミトーその3

いよいよお昼ご飯!
船着場から車で15分くらい戻ったところにある、Mekong rest shopというお店でコースのランチです。

揚げ春巻きや、お鍋、ベトナムチャーハン等が次々に運ばれてきますが、
メインは「エレファントフィッシュのから揚げ!!」
zoumimizakana

この魚は、全体的な姿と、カラダの色が象の耳に似ているため、こう呼ばれているそうです。
メコン川で獲れるそうですが、今は養殖も盛んだそうです。
カリッと揚がった鱗もろともウェイトレスさんが手で身をむしり、レタスやミントとともにライスペーパーにくるんでくれました。これをヌックマム(魚醤)ベースのソースにつけていただきます。
みっちり詰まった白身で、脂っ気の無い鯛のようで美味です。
食事は次から次へと運ばれてきて、レストランのスタッフも次から次へと外国人ツアー客をさばいてゆきます。ベトナムには珍しい手際のよさに驚いたところで、ホーチミンへの帰路につきます。

ミトーからホーチミンへの帰り道は、牛やヤギがノンビリ草を食んでいる光景が広がる田園地帯から高層マンションの建設が進む新興住宅地へと徐々に移って、これが急成長をとげているベトナムの今をあらわしているんだなあ~と妙に感慨に耽ったふりをして、グーグー寝てました。。

ツアーで見てきたのが本当のメコンの暮らしかと問われるとですが、観光と割り切ると120%楽しめる日帰り旅行でした。

スパイス4~カニの結末

例のカニちゃんは、案外地味な姿になりましたが、とても美味しかったです

kanitama


結局、途中で大き目の入れ物に入れ替えて、
合計4時間くらいたっても元気だった一方で、
泥なんかがついているのが気になったので、
水⇒ぬるま湯⇒いい湯加減⇒かなり熱め(60度くらい?)のお湯と、
だんだんグッタリしてくるのを待って(少し色も赤くなってしまったけど)、
仕事から帰ってきた主人が洗ってくれ、茹でて硬~い殻を剥き、身をほぐして、
(案外地味な、)かに玉になりました

みんなどうやって調子してるんだろうと今朝メイドさんに言ってみたら、
「ストロングね~」と、驚いていました。

スパイス4~カニ

これは生鮮食品全般に言えることなのですが、
日本のスーパーのようにパックに入って売っているものはわずかです。
本当にわずかで、レタスとトマトをパックに入れて売っているお店が一軒あるのと、
あとは冷凍や冷蔵の、ベーコンやらパイやら牛乳なんかが売られている感じです。

ですので、野菜やお肉、お魚なんかは、
ほぼ全て(月に一度は、会社を通して冷凍のお肉等が届きますが)市場にお世話になります。

今日は夕飯用にカニを買ってきてもらったものの、
元気過ぎて調理ができません。。。

まず真水につけて、ぐったりさせてから、
たわしで汚れを落として、それから茹でて・・・・

と考えていたのに、2時間以上真水につけてもまだ、
「出~してくれ~」と、ガサガサしています。

cua in water


いつになったらグッタリしてくれるのよ~

イベント2~先生の日

ベトナムで11月20日は、「先生の日」という祝日です。
先日、「お休みにはなりません」と書きましたが、すみません、訂正します。
学校はお休みになるそうです。

私たちは学校には縁が無いので、とりあえず何も無い日になりましたが、
今朝はメイドさんが興奮気味に、先生の日について教えてくれました。

先生の日には、生徒が先生にお花をあげたりして敬意を表する日なのですが、
それは現役にとどまらず、若いときの恩師を訪れたりもするそうです。

メイドさんも毎年、高校時代の旧友を誘って高校の先生を訪ね、
先生のお顔を見たり、
「誰がどこでどうしてる」といった情報交換や、
連絡先の共有をしたり、
電話越しに乾杯をしてお酒を飲んだりするんだそうで、とても楽しそうにしていました。

日本にもあるといいだろうなぁ、と思うベトナムの風習の1つです

お出かけ1~ホーチミン・ミトーその2

ホーチミン・ミトーへのお出かけの続きです。

ココナッツキャンディー工房を出て、島(タイソン島)の中を進むと、
両脇はお土産屋さんが並んでいました。
my tho omiyageyasan


ここは超人気の観光スポットのようです。
日本人を含め、観光客がいっぱいいました。
ホーチミンからの日帰りのツアーというと、
ミトーか、クチトンネルか、少し足を伸ばしてブンタウまで、
くらいに限られていて、中でも今回私たちが参加した「ミトーでメコン川クルーズ」が、
一番人気だそうです。

少し行くと、混み合った小屋に着きました。
my tho honey

島にある蜂蜜農場でとれた蜂蜜、ローヤルゼリー等を試食させてくれるお茶屋さんです。
蜂蜜に金柑を搾り、お茶を注いだ「蜂蜜ティー」や、
my tho honey tea

ローヤルゼリー、バナナのお酒、ドライフルーツ、生姜や蓮の実の砂糖漬けなんかを試食させてくれます。
蜂蜜ティーは美味しかったけど、重いので、ここでは何も買わず。
蜂蜜やローヤルゼリーについては、ちゃんとした日本語の説明書きもありましたよ。

また少し歩いて、今度はトロピカルフルーツ農園
my tho fruits

左上から時計回りに、
パイナップル、パパイヤ、モンキーバナナ、ポメロ(日本で言うザボンなのかな?ベトナム語ではブォイ。)、サボチェ(一番左。日本では見たことありません。干し柿みたいな味がします。)が出てきました。
食べ放題だそうです。
真ん中に置かれているのは、塩と唐辛子を混ぜたもの。
このときは、「パイナップルにはこれをつけて食べてね」と言われました。
日本で、スイカに塩をつけて食べると甘みが増すのと同じだと思いますが、
パイナップル、何もつけなくてもすごく甘くて美味しかったです。
食べていると、おじさんたちが民族音楽を演奏し始め、
キレイなアオザイを着た女性や7~8歳くらいの女の子が歌を披露してくれました。

そして次は一番楽しみにしていた、手漕ぎボート。
島の中に流れる幅3~5メートルくらいの小川を、ボートの前後に座った漕ぎ手がグングン進めてくれます。
my tho boat

ちょっとしたスリルに加えて、観光客には三角の菅笠を貸してくれるので、気持ちも盛り上がります
この日は土曜日だったからか、川がすごーく混んでいて、
渋滞するわ、船同士がガンガンぶつかるわで、のどかながらもかなりスリリングでした。

そしてのどかな島をあとにし、お昼ご飯です
続きは第3弾で~~~

コネコネ(パン焼き)4~チーズパン~

先週の金曜日は、チーズパンを焼きました。

いつも、朝食用に甘めのパンを焼くことが多いのですが、
このときは夕食用に、少ししょっぱい、チーズの入ったパンです。
cheese bread


これは少し大きめのパンで、30cmくらいあります。
少しチーズが溶けてはみ出して不恰好になってますが、
鶏もも肉のトマトソース煮込みなんかと一緒に、二人でパクパク食べちゃいました。


実は引越しのときに計量スプーンが行方不明になってしまい、
ティースプーンやカレーを食べたりするスプーンで適当に計って作っています。
今月末にはちゃんとした計量スプーンが届く予定(←通販で購入)なので、とても楽しみです~

お出かけ1~ホーチミン・ミトー その1

週末は、シンガポールから旅行でいらした主人の友人夫婦と一緒に、
ホーチミンミトーで遊びました
そのお出かけ記録第1弾です。

まず、土曜の朝6時出発のフェリーでホーチミンに向かい、
友人夫婦の泊まっているホテルへ向かいます。

ホーチミンに着き、歩いてホテルに向かう途中、
(今井美樹の「プライド」を二人で歌いながら)大きな道路を横断しようとするも、
クルマとバイクに阻まれて渡れず。
ホーチミンはベトナム第一の商業都市ですが、
それでもなお、信号や横断歩道がある交差点は数少ないのです。
結局タクシーに乗り込みました。

するとこのタクシー、
かなりの遠回りをするわ、
メーターがすごい速さで回るわで、
通常の2倍くらいの料金になってしまいました。
とは言っても45,000ドン(350円くらい)なのですが、
朝イチから頭にきたので、夫婦でかわるがわる文句を言って、
やっと5,000ドン(40円くらい。。)だけとり返してタクシーを降り、ホテルに到着。
無事、友人夫婦に会うことができました。

頼んでいた日本語ガイドも20分くらい遅れて迎えに来てくれ、
いよいよミトーに出発!

2時間くらい車(プライベートツアーだったので、私たち専用のバン)に揺られ、
船着場からボートで、メコン川の中洲のような島へ渡りました。
ボートでは、ココナッツの実を切っただけのジュースでノドを潤し、
メコン川を10分くらいまた揺られて島に到着。

着いたところはココナッツキャンディー工房。
手作りの作業を見学し、一つずつ試食もさせてくれます。
写真はココナッツの実を絞ったジュースを、煮詰めているおじさん
coconut ojisan


煮詰まって固まったキャンディーを切るお母さん
coconutcandy okaasan


切られたキャンディーをライスペーパー&紙で包む女性たち
coconutcandy ladies


当然、その横には即売所があります。
ココナッツキャンディーが40個入って、1US$。
5つ買うと、1つ無料でついてきます。
私たちも1つ買い、ガイドさんについてどんどん先に進みます
marutabashi


続きは第2弾で~~~

イベント1~炭坑節の続き3(結末)

実は、残念ながら私は、炭坑節を本番で踊ることはできませんでした。

なぜなら、急遽日程が変更(日曜の予定⇒土曜に実施)になり、私は都合がつかなかったのです~
(土曜の夜に都合つかない人は、他にいなかったのかなぁ??)
残念でしたが、予選まで参加できたので、十分楽しめました
また面白いイベントがあれば、首をつっこんでいこうと思いまーす

イベント1~炭坑節の続き2

月曜日に行われたオーディション、私たちの炭坑節は見事通っていました

ですが、昨夜、「最終オーディションがあります」とのことで、
またみんなで踊ってきました
先日は狭い教室で行われたのですが、
昨夜は立派なステージで、校長先生等がその場で採点してくださいます
bon dance


教室オーディションを突破しただけあって(?)、
他のグループはみんな凝っていて、完成度も高いです。

そんななか、「月がぁ~出た出たぁ~」と炭坑節が大音量で流れていることにこみ上げる笑いをなんとかこらえつつ、
みんなで踊り、気になる採点は!!
20点満点の18点でした。
とても高い点数だそうなので、日曜日の本番も、出られそうだとのことでした

日曜日、会社の日本人の方、そのご家族も誘って見に行くのが楽しみです

風景1~フロントビーチ

今朝は、ヨガに行ったあと、フロントビーチにある船着場まで自転車で行ってきました。

この町には、他にバックビーチ、パイナップルビーチ、ストロベリービーチと呼ばれるビーチがあります。
なかでも「ザ・船着場」もしくは「漁場」であり、最も海水浴場には適さないのが、
フロントビーチです。
そしてこのビーチは家から最も近く、家の前からも見えます。

目的は、「ホーチミン行きのフェリーチケット」を買うこと。
週末にホーチミンに遊びに行くのです。
土曜日の朝6時(早っ)出発、戻りは日曜日の15:30頃です。

フェリー乗り場。
jetty

波イメージの建物の中には、ケンタッキーやロッテリアが今年の初めにオープンしました。
私たちがフェリーに乗るときはいつも、
この中にあるカフェで、シントー(フレッシュフルーツと練乳のシェイク)を買って
フェリーに乗り込みます
ホーチミンまで、約90分の船旅です。

フェリー乗り場近くから、主人の職場や我が家周辺を撮ってみました。
front beach

右端の半分見切れている大きめの建物が、主人のオフィスが入っているビルです。
その左下あたりに、我が家があります。(←見えてませんが。。。)


今週末は主人の友人がシンガポールからホーチミンに遊びに来るそうで、
私たちも便乗して一日ツアーなんかを申し込みました。
ホーチミンで久々に日本食なんかも食べて、買い物もしてこようと思っています。
楽しみ~

イベント1~炭坑節の続き

月曜日の夜、炭坑節をまた踊ってきました

今回は、オーディションです
本番は、11月18日(日)の夕刻なのですが、
(↑20日の先生の日ではなく、日曜日に開催するそうです。)
当日出し物をできるのは20組。
そこに出たいのは60組!!
ということで、、確率1/3の難関です。
オーディションも月、火、水の三日間にわたって行われていて、
結果は明日の木曜日にわかります。

そして、本番は、近所にある建物の屋外特設ステージで開催されます。
学生たちも いつのまにかキレイな黄緑色のアオザイ風衣装を作って盛り上がっていて、とても可愛かったし、
オーディション、通っているといいなぁ~~~


yukata2

写真は、月曜日の浴衣です。
前回と違うのは、帯を裏返してみただけです。
そう、羽根の部分を小さくしたいのですが、
そうするためには手(最初に半分に折っておいて、最後に羽根の真ん中にクルクルする部分)を長くするといいのでしょうかね??
もし日曜日の本番にも出られるようになったら、小さめに作ってみまーす

コネコネ(パン焼き)3~メープルパンとジャムパン

昨日は午後いっぱいヒマだったので、パン焼きの日にしました

一つ目は、メープルシロップを練りこんだメープルパン
maple bans

(パン教室では、成型がユニークなので
「ユニーク」という名前で習いました。)
形がカワイイ(しかも比較的簡単)のと、
メープルシロップのいい香りがほのかにするのでお気に入りです。
これまたレシピの2倍の量で作り、12個焼きあがりました。
出来は・・・メープルシロップが控えめ過ぎたかな??
香りも甘みも、「ほのか」にもほどがあるなぁ。。


二つ目は、ジャムを挟んで切ったりねじったりしたジャムパン
jam pastry

(パン教室では、イチゴジャムを使ってバラの花のように成型するので
「ストロベリーローズ」という名前で習いました。)
成型が結構大変で、手も道具もジャムでベトベトになりますが、
ジャムの甘さが寝起きの身体に効く気がして、朝食用によく作ります。
この日も成型があまりうまくいってませんが、今朝、美味しくいただきました。
こっちで調達した激安マーマレードと、同じくラズベリージャムで作っています。
こちらもレシピの2倍の量で作りましたが、
途中で天板に乗り切らないことに気付き、
乗らない分を食パン型に入れて焼いてみました。
それは見た目すごーくイマイチなのでまた次回。。。

~並び替え~

日記の表示を、新着順に変更しました。
今後ともご愛読くださいませ~

習いごと1~ベトナム語

今日から、ベトナム語を習い始めました
今、先生が帰られたところです。
「もう少し落ち着いてから。。。」と、
ずーっと重かった腰をやっと上げました

日本人奥様の一人と一緒に、
週2回、各1時間。
先生が我が家に来て、英語で教えてくださいます
写真は、(同じく日本人奥様からいただいた)ホワイトボードに示された、発音の一要素。
vietnamese


今日は発音と簡単な挨拶だけだったのですが、
むむむ、、難しい。。
切磋琢磨したりするのでしょうか(←既に少し他人事)
とりあえず、忘れないうちにこれから練習してみます。(←既に忘れてたりして

イベント1~炭坑節

駐在員奥様のなかに、日本語の先生をしている方がいます。

その方に誘っていただいて(私からお願いして)、
大学での生徒さんたちと盆踊りの練習をしています
曲目は「炭坑節」
「月が~出た出た~♪」です。

学生さんたちは、とても素直で純粋な印象を受けます
誰なのかよくわからない私にも、近寄って日本語で話しかけてくれます。

昨日は、浴衣を着て(生徒さんたちは普通の洋服で)練習しました。
yukata



今夜、学校の方の前で発表して、OKが出たら、
11月20日の先生の日(ベトナムでの祝日ですが、お休みにはなりません。先生に贈り物等をし、敬意を表す日だそうです。)に、
みんな(誰なのかイマイチ解っていません。。)の前で披露するんだそうです。

こちらに引っ越してくる前に、大急ぎで母に教わった浴衣の着付け。
役立つときがやってきました!!
と言っても実はすっかり忘れていて、
ネットで解り易い説明を見つけて助かりました。
エヘヘ

浴衣は、退職するときにいただいた、
それまでよく遊んでくださっていた会社の方々からのプレゼントです

コネコネ(パン焼き)2~グリッシーニとバターロール

週末、私たちのこちらでの結婚パーティーで受付をしてくださったご夫婦に、
我が家でご飯を食べてもらうことにしました
パーティーをしたのが9月22日なので、かなり経つのですが、
なかなか予定が合わなくて

私は手際が良くないので、
可能なものは事前に作っておいて冷凍し、当日温める作戦にしています。

昨日作ったのはグリッシーニバターロールです。
両方、暗くてあまりきれいに写ってませんが、

gliccini

グリッシーニはカレー粉+岩塩をかけたものと、
もう一つはパルメザンチーズ+黒胡椒。
レシピではカレー粉ではなくてケシの実ですが、
こっちで売られているケシの実が、日本で見るのとどうも違う気がするのと、
一度カレー粉で作ってみて美味しかったので、2回目です。
レシピでは全部で12本ですが、
短めにして、24本焼きました。
主人が帰ってくる前に、冷凍庫にしまっちゃいました
(でも、あとで冷凍庫を開けて見つけたらしく、ニヤっとしていました。)


butter roll

そしてバターロール。
コネ過ぎなのか、分量が悪かったのか、
焼いている間に巻きが緩むほど膨らんでしまっています。。
(あまり判らないように撮りました
実はあまり上手く焼けたことがありません
これはキッチンに置いて冷ましている間に、主人にパクつかれてしまいました

あとは、みかんちゃんにもらったエプロンについてた、
栗原はるみレシピのサラダや、
料理教室で教わった豚肉の焼き物や、
ピザ(生地はこれから作っておきます)を焼いたり、
パスタを作ったりしようと思いマース。
ちょっと炭水化物が多めだけど。。

あまり人に食べてもらう食事を作ったことがないのと、
なにせ新米主婦ゆえ、今から緊張&楽しみです

スパイス(試練)3~食あたり~

今週水曜の未明から腹痛を感じて、
だんだん寒気と熱っぽさも感じたので体温を測ると39度を超えている~

とりあえず(もちろん7:30から仕事がある)主人を
無理矢理起こして事情を説明し、
病院(徒歩2分。100m!)にドクターが出勤するのを待って、
診察してもらったところ、
食あたり」とのことでした。

・・・・家で自分の手料理しか食べてないのに

結局何が悪かったのか判りませんでしたが、
●風邪気味だったのと、
●慣れない環境に、知らないうちに少しずつ、疲れをためていたんだろうと思います。
ベトナム生活半年以上先輩の主人は、
同じものを食べていても元気ですし

すごく不味い上に「水に溶かして」飲む薬等を処方してもらい、
すぐに全快しました。


仕事を半日休んで看てくれたり、
おかゆを作ってくれた主人、
「体調悪いときはオレンジ!」と、柑橘類等フルーツを剥いてくれたり、
「食欲無いでしょう。」と、おいしい野菜スープを作ってくれたメイドさんに、
本当に感謝です。

写真は昨日のランチです。
kamaageudon


私:野菜スープとフルーツ
主人:釜揚げ風うどん(こんな事態にも大活躍の冷凍讃岐うどんにも感謝!!!)


これからも無理せずに、
食事に気をつけて、
のんびりやっていこうと思いました

日本ごはん2~肉うどん~

この町では日本のものはほとんど売られていません。
ベトナム産のコシヒカリは売られており、いつも使っています。
 醤油やワサビもこちらで食べられるようで、売られています。
 ごく最近キューピーのマヨネーズドレッシング
 ミツカンの穀物酢が登場!でもすごく高い。。)


が、会社経由で日本から食料や日用品を取り寄せることが可能で、
月初に注文すると、月末に届きます。
月に一度の有難~いイベントです。
しかも日本で購入するのとほとんど変わらない値段で調達できるんです


8月(月末は二人とも日本)も9月(注文に間に合わず)も
頼めずにいたので、10月は久々に日本からいろんな食材が届いて、
夫婦で狂喜乱舞の大興奮でした


この日のランチは、冷凍讃岐うどんと、市場で調達した牛肉で、
肉うどんを作りました。
nikuudonn


やっぱり肉は硬い。
やっぱり水牛か

スポット(Vung Tau)2~レーダー山~

家の近くに「レーダー山」という山があります。
ここは地元の人たちも朝早くか夕方に運動のために散歩する、
運動スポットです

私たちは週末の夕方にしか行ったことないのですが、
いつもかなりの人とすれ違い、
人々の健康志向の高さをうかがわせます。

写真は行き交う散歩者と、
sannposya



日が暮れてからの山からのながめ、
(全然わかりませんが、手前に我が家があります。)
yamakaranonagame



そして道中にあったジャックフルーツ(ベトナム語では「ミッ」)の木。
民家の軒先に、恐ろしいくらい、たわわに実っています
mit



ジャックフルーツは3月から6月いっぱいくらいが旬の果物で、
写真のもので既に私の太もも一本分ほどあるのですが、
旬のころになると大きなもので主人の胴体くらいのものも出回ります

少しオイニーがきつめですが、食べると濃厚な甘さ。
熟す前のものはサラダにも使われます。
チオイ(市場のおばちゃん)が皮を剥き、小分けにして売っています。
実は私たちも試食しかしたことないのですが
今から旬が楽しみ~

日本ごはん1~つみれ鍋

こちらでは、日本で売られている野菜のほとんどが手に入ります!
手に入らないのは、ゴボウ、生のアスパラ(缶入りは入手可)、山菜類くらいでしょうか。

昨日の夕飯は、白菜、長ネギ、春菊、
特大エリンギのようなキノコ、
豚肉、鶏もも肉、
いわし(←だと思いますが、違うかも^^;)のつみれ
なんかを入れて、味噌ベースのお鍋にしました
nabe

最後の雑炊まで楽しみましたよ~

普通に日本食にありつけるのは、
日本と同じ野菜が手に入ることが大きいですね

一週間くらい前になんとなく市場で買ったいわし(もどき)が、
帰ってあらためて見ると中~途半端な大きさで、
少し煮付けてみたものの、小さくて食べるのが大変!!!
結構買ってしまったので、残りは冷凍庫に放り込んでしまってました。
どうにかしなきゃ~。
と思って初めてつみれを作ってみましたが、意外といけました。
(手際が悪いので、さばくのに2時間くらいかかってしまいましたが

しかし、この日久々に(初めてか??)高負荷なものを潰したブレンダーが、
仕事を終えた後、ダウンしてしまいました。。
ビクともしません。。。
むぅ~

ベトナムごはん2~バインコット~

週末、夫婦で散歩(片道30分)がてら
バインコット屋さんに行ってきました

バインコットというのは、
タコのかわりに海老が乗った、平べったいタコ焼き
のような食べ物で、
まさにたこ焼き器のようなもので焼かれて出てきます。
banh khot 3



大根と人参の千切りや、ミントやドクダミ等の香草と一緒に、
レタスなどに巻いて、
唐辛子入りのニョクマム(魚醤)につけて食べます。
・・・私はドクダミが苦手です。。
banh khot 1

banh khot 2



カリットロッとしていて、野菜もいっぱい食べられて、
ブランチ後のおやつにちょうどいい感じ。
若いカップルが隣合わせに座ってつついていたり、
オジサンが一人でビール片手に食べていたりしてました。
私たちは「美味しいねぇ美味しいねぇ」と、
一人一皿ずつ食べて帰りました

モグモグ(おやつ)1~かぼちゃクッキー~

10月31日はハロウィン
せっかくなので、一日遅れでしたがかぼちゃのクッキーを焼いてみました。
成型と、顔を書くのに時間がかかるかかる

日本人の奥様方とのお茶
(お子さんが二人いらっしゃるおうちにいつもお邪魔して、
情報交換等をして楽しく過ごしています。)
のときに、焼きたてを持っていきました。

クッキーなんて、焼いたのは10年ぶりくらいでしたが、
お子ちゃまたちを含めて、みなさん「美味しい!」って食べてくださいました。
かなり嬉しいなぁ~
また作ろ~



pumpkin cookie

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。