スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパロッティのコーヒー味メロン(?)パン

先日、ベトナムの菓子パンで珍しく、日本人も好きな味のものを食べました。
(ベトナムでは、フランスパンは美味しいけど、菓子パンは日本のものと大きく異なっています。)

Pappa Rotiというパン屋さんの、
6 mar 2009 papa rotti
コーヒー味のメロンパン。
パンのうえにクッキー生地が乗っかっている菓子パンです。
6 mar 2009 pappa roti
コープマートの駐輪場のところにあって前から「イイ匂いだなぁ~」と気になっていました。
食べてみると想像以上に美味しかったです。
最後、中央にバターを入れて焼いているみたいで、それだけは「?」ですけど。

1個が1万ドン(60円弱)と、値段は少し高めですが、
学生たちに聞くと「私もときどき食べます。」と言っていて、
高くても美味しいから食べるんだそうです。

既にベトナム全土に10店舗を超える規模で展開していて、間もなくオープンするお店もいくつか。
「こちらへコンタクトを!」と書かれたメールアドレスの最後には.ukと書かれていました。
イギリスの会社かぁ。
越僑(過去、ベトナムから外国に移り住んだベトナム人)かな。

「また買いに行こう~」と、
「マネして、似たパンを焼いてみよう~」と思いました(・∀・)
スポンサーサイト

おこわはおやつですね。

昨日も夕飯後に相方と2人で散歩に出かけ、
以前から気になっていた「おこわ」を買って帰りました。

17 dec 2008 okowa

色々な色(果物で色づけしたらしい、オレンジ。よくわからない黄緑。紫etc...)が鮮やかなベトナムおこわですが、
私たちはとりあえず馴染みやすそうな「お赤飯」っぽいものをチョイス。
「黒豆おこわ」という意味のベトナム語で呼ばれていました。

上の写真のように、パックに入ってスプーンつき、
おこわの上にはピーナッツの砕いたもの、
砂糖、
ココナッツ、
芋のペーストが乗っかって、5,000ドン(30円くらい)。

17 dec 2008 okowa1
おこわそのものは味がほとんどついていないのでトッピングと一緒に食べると、
+ピーナッツ&砂糖で、「きなこ」の味が生まれ、「おはぎ」のようになりました。
+ココナッツは食感が面白くて、
+芋ペーストもほのかに甘くてナカナカ美味でした。

食事ではなくて、おやつだということが判りました。
夜9時前でしたが、お客さんも続々買いに来て賑わっていました。

本当は、(以前いらした日本人の奥様から聞いた)「鶏入りのおこわ」を買いたくて、
「鶏のおこわありますか?」とベトナム語で聞いてみたのですが、
「は?」と言われて、
「ガー。ガー。」(鶏はベトナム語で「ガー」)と手をパタパタしてみても、ダメでした。
鶏マネの気合いが足りませんでしたかね。

あ、鶏のおこわは甘くなくて、食事になるような味付けらしいです。

ブンタウでもホッコリ。甘栗見つけちゃいました。

夕飯を食べ終わったあとに相方と「これから何しよっか~。」「散歩でもするかぁ。」とか言いながら、ときどき適当に出かけます。
先日は甘い匂いにハっと見やると、甘栗屋さんをみつけました。

13 dec 2008 sweet chestnut
200グラムを70円で買って帰り、
13 dex 2008 sweet chestnut2
素朴な甘味を楽しみました。
13 dec 2008 sweet chestnut3

日本で売られている「天津甘栗」に比べると、甘味が少なくて、なぜか少ししょっぱい。
でもホックリした食感で、懐かしい感じのおやつでした。

おやつにも食事にも使われる、バナナは28種類!

我が家の庭にも生えているバナナですが、
温暖で降雨量も多いベトナムにはなんと、28種類ものバナナがあるらしいです。

日本と同じように、熟したものを生で食べるものや、
焼いたり茹でたり蒸したりしておやつにするもの、
鍋ものに入れて、芋のようなイメージで食べるものもあります。
そして実だけではなく花や茎も食用にしますし、
バナナの葉は食べ物(おこわやソーセージ)を包む容器としても使われるそうです。

私たちは朝ごはんにバナナジュースを作って飲んだりするので、生食用のバナナはよく食べるのと、
この間食べたスッポン鍋にはスッポンを一緒にバナナが茹でられ、ホクホクして芋のような食感だった気がします。

先日、最近手に入るようになった「しめじ」を調理していると、
「それ、おいしいの?高いの?」興味津々のメイドさん。
どうせ全部を一度には使わなかったので、半分おすそ分けしました。
そしたらお返しにくれたのが、茹でて食べるタイプのバナナ。
うちの庭になるバナナも、この種類だそうです。
教わったとおり皮がついたまま茹でると、ひとりでに皮に裂け目がはいります。
16 nov 2008 chuoi

そこから向いて食べてみると、ホクホクとやさしい甘さに酸味の効いた、そら豆(?)のような香りがするものでした。

う~ん、好んで買って食べようとは思わないものの、あればついつい食べてしまいそうな存在です。
一房もらったので、あと10個くらいあります。

今日はサイクリングついでに、
バナナをもち米で包んで炭火で焼いたココナッツミルク味のおやつや、焼き芋を買っておやつに食べました。
写真を撮り忘れましたが、両方やさしい味で懐かし美味しかったです。
二つで6,000ドン(40円くらい)。
値段もかなりやさしいですが、ベトナムの物価高騰は結構激しいみたいなので、少し前はもっと安かったのだと思います。
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。