スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り出産

出産のため、明日から里帰りします。

2jul2010 nuilon

私の実家、愛媛県宇和島市で8月末の出産に向けて準備をします。
今まで以上に更新が滞るかもしれませんが、
少なくとも無事出産のご報告はさせていただこうと思っておりまーす。


明日の出発に向け、
また、あと2カ月を切った出産に向け、
ソワソワ落ち着かないような、
まぁどうにかなるだろう的な気持ちでいます。

相方は13カ月ぶり、私は9カ月ぶりの日本。
楽しみです。
スポンサーサイト

サイゴン河畔の静かなホテル

テト(旧正月)の直前、サイゴンに用事があって行ったついでに、
去年できたリゾートホテルに泊まってみたら意外と良かったのでご紹介!

サイゴンの中心地から車で20~25分くらい行ったところにある
THAO DIEN VILLAGEという真っ白なフレンチヴィラは、
敷地のすぐ隣をサイゴン川が流れ、喧騒から離れたとても静かなロケーション。
客室は多くないけど、レストランはイタリアン、タイ、和食、ベトナム料理と豊富です。
スパや2つの屋外プール、小さな公園などもあって、小さなお子様連れも楽しんでいました。

17feb2010 thao dien


人生初のスウィートルーム(13,000円で泊まれます!)からはサイゴン川が臨めて、
行き交う船、その向こう側の緑深い林、さらにその向こうにかすかに見える街の光を楽しめます。
(サイゴン川はかなり蛇行していて、方向感覚が狂いますよ~。)
17feb2010 thao dien2

部屋では好みのアロマオイルをたいてくれるので、かなりマッタリ。
昼間はプールサイドで読書をしたり、
敷地の中や外を散歩したり、
フロントに置いてあったグランドピアノを勝手に弾いたり、
自由にリラックスして過ごしました。

普段は買い物に便利な中心地に宿を探しますが、
たまにはこうやってのんびりできる宿で落ち着くのもアリですね。

THAO TIEN VILLAGE
住所:195 Nguyen Van Huong St., Thao Dien Ward, Dist.2
電話:(08)37446457
http://www.thaodienvillage.com/

<追記>
一つだけイマイチだったのは、
お風呂のお湯タンクが小さく、
浴槽に貯まる前にお湯が冷たくなってしまったこと。
シャワー(少し離れている)は別のタンクから出ます。

あけましておめでとうございます。

しばらく更新が滞っておりましたが、元気にしています。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

更新をサボっていたのは・・・
大学で引き続き試験が行われていてちょっと忙しかったのと、
年越しでタイに旅行に行っていたからです~。

今日はタイ旅行の模様をご報告します。


まずは、元旦に行ったアユタヤ。
ゾウさんの上から「サワディーカー」(こんにちは。男性は「サワディーカーップ」)
9jan2010 thailand


同じくアユタヤのお寺、「ワット・ヤイチャイモンコン」で
仏像(?)に金箔を貼って初詣。
9jan2010 thailand3

バンコクではワットプラケオ(王宮内にあるキラキラのお寺)へは行きましたが、
9jan 2010 thailand4

思っていたよりも暑くて、
あとはほとんどショッピングモールやホテルで過ごしました。

水上マーケットのツアーにも参加して、
それも結構面白かったけれど、
クリスマスに続くお正月休みで観光客がかなり多く、
肝心のマーケットには間に合いませんでした(!)。。。


会社に勤めていたときの先輩が今バンコクに駐在されているので、
今回、訪ねて行きました。(実際はホテルまで迎えに来ていただいた)
ご家族(奥様と、お嬢さん二人)も一緒にバンコクにいらっしゃって、
あちらでの生活の様子もお聞きできて興味深かったです。
みなさん元気そうで、楽しんでる様子で良かったです。


いやぁ、それにしてもバンコク、想像していた以上に都会でした~。
ベトナムからすごく近い国だし、
似たような人が住んでて、
ホーチミンより多少発展しているのかなぁなんて思っていましたが、
かなり違いました。
モノレールや地下鉄も走ってるし。
ショッピングモールの規模は大きくて、どこもお客さんがたくさんいるし。

旅行中、相方もよく
「マレーシアのKLとシンガポールとバンコク、どこが一番かなぁ。」と
考え込んでいました。
ホーチミンから1時間半で気軽に行けるので、
またチャンスがあれば、買い物等に出かけたいなぁ(希望)と思っています。

ディナークルーズでバンブーダンス(ちょんまげ)

先週末、ホーチミンのサイゴン川で船を貸し切っての
あるバースデーパーティーに参加してきました。

招待状に「おかしな帽子をかぶってきてください。」と書かれていたので、
相方は家にあった、ちょんまげのカツラ(帽子じゃないけど)装備で行きました。

参加者のなかで日本人は私たち二人だけ。
他はオーストラリアやシンガポール、アメリカ、etc.各国からの招待客だったので、私も浴衣を着て張り切って行きましたが、カツラも浴衣も、思ったほどウケなくてさびしかったです。


この動画は、ご指名を受けてバンブーダンスを披露する相方。

[高画質で再生]

bamboo dance

[広告] VPS
「動きにキレがあるなぁ」と、自画自賛していました。

フーコック島での観光

今回は、フーコック島旅行の観光編のご紹介です。

と言っても、タクシーで2-3時間、
周辺の3か所を廻っただけです~。
ほかの時間はビーチで遊んだり、
プールで泳いだり、
食事をしたり、
越南武術「タイチ」をしてみたりと、
のんびり過ごしました。


まずはニョクマム(魚醤)工場。
ずらっと並んだ大きな樽には魚と塩が入っていて、
1年かけて発酵させると、
フーコック特産のニョクマムができます。
独特の強い臭いを想像して行きましたが、思ったほど臭くありませんでした。
しかし、ビンが割れたときの臭いを警戒して、
買っても、飛行機では持って帰れないそうです。
18nov2009 nuoc mam

次に行ったのは胡椒畑。
胡椒もフーコックの特産のようです。
3メートルくらいの高さに伸びた胡椒の木(つる?)がきれいに並んでいました。
18nov2009 bun tieu

最後に行ったのは真珠の養殖場。
フラっと入っていくと、お姉さんがおもむろにアコヤ貝を開いてくれました。
18nov2009 ngoc trau

出てきた真珠。
よく見るものより、ちょっと黄色ががってるのかなぁ。
18nov2009 ngoc trau2

こちらはその養殖場の敷地内にある、ギャラリーというかショップ。
マルチカラーの大玉ネックレス。
お値段は1億ドンを超えています!!!
18nov2009 ngoc trau3
(1億ドン=50万円です。)

でも、素人の私から見ても
巻きにムラがあったりして、
買う(ねだる)気にはなりませんでした。

ムラなく作る技術、そう真似できない特別なものなんだなぁと、
ここでも日本の技術の高さを実感したのでありました。

フーコック島には、ほかにも渓流やベトナム戦争時の捕虜収容所なんかもあって、あと1日あればそのあたりも見たかったなぁ。
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

kabechoro

Author:kabechoro
ベトナムの南部にある、Vung Tauという町に暮らす31歳の主婦です。

愛媛県宇和島市で18年間生まれ育ち、
大阪府池田市で4年。
東京都世田谷区で5年ちょっと暮らしてきましたが、
2007年の夏、結婚を機に仕事も辞めて、Vung Tauにやってきました。
相方と2人で暮らしています。

趣味は、ここにきて始めたヨガ(アシュタンガ)、サイクリング、ゴルフ、パン焼き、ピアノ等。妊娠中のため、今はスポーツを控えてます。
ベトナム語を勉強中で、大学で日本語を教えています。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。